ロイヤルスプーン

« | »

孫の出産祝いを贈るときの現金の相場と品物について


近々お孫さんが生まれるんですね。
おめでとうございます。

わくわくしてしまいますよね。
早く会いたいですよね。

きっと、かわいいでしょうね。

でも、実際に赤ちゃんが生まれると大忙しですよね。用意しなければならない物、娘さんや息子さんに教えなければならない事など、赤ちゃんが生まれると親夫婦だけでなく、じぃじやばぁばも大忙しです。

お孫さんが生まれたら出産祝いの用意もしなければいけませんね。
現金はどれくらい包もうか?何か品物にしようか?と迷っていませんか?

お孫さんへの出産祝いの相場といっても、「だいたい○○円くらい」というのはほとんど無いみたいです。無いというのは地域性であったり、じぃじやばぁばの環境だったり、親夫婦の環境だったりと様々なようです。

親からの出産祝いは「5万円だった」という人もいますし、「10万円だった」という人もいます。
もちろん、それ以上の金額をもらう人もいらっしゃるみたいですし、それより少ないという方もいらっしゃいます。

souba

でも、金額的には大きいですよね。

お孫さんには、出産祝いの他にも買ってあげたくなる物や、用意してあげたくなる物なんかがこれからたくさん出て来ますよ。デパートや百貨店に行くたびに、ついついベビー服を見るようになってしまい、「これを着せてあげたいな」なんて思うようになりますし、ついつい道行く赤ちゃんの持っている物や身につけている物に目が行ってしまい「あれをうちの孫にも・・・」なんて思うようになるものです。

さて、ではどうすればいいのか?という事ですが、まずは現金でお祝いを渡すというのが一番いいのではないでしょうか。親夫婦は赤ちゃんが生まれるとたくさん出産祝いを貰うと思いますが、それらすべてに半返しで内祝いを用意しなければなりません。住まいが遠い方には送料を支払って内祝いを贈ります。
すると、いただいたお祝いというのはそれほど残りませんよね。

そこでじぃじやばぁばから頂いたお祝いで、ベビーカーやベビーベッド、チャイルドシートなどの大物を揃える事になると思います。またある程度それはアテにしている場合も多いようです。当たり前ですがそれらはすべて、生まれて来た赤ちゃんが使う物ですし、必要なものばかりです。

しかし、それらは一生残るものかといえば、そうではないですよね。
二人目、三人目と赤ちゃんが生まれている間は出番がありますが、いずれは誰かに譲るか処分する事になるものばかりです。

でも本当は、赤ちゃんが大きくなって大人になる頃に出産祝いに贈られた品物を見て「私が生まれた時こんなに喜んでくれたんだ」と思ってもらえるようなものも1つは欲しいですよね。
赤ちゃんが生まれたばかりの親夫婦は、はじめての体験の連続で毎日忙しくしていて、きっとそれどころではないかもしれません。

そこで現金といっしょに、記念に残るような品物を用意してあげてはいかがでしょうか。
名前が入ったものや、赤ちゃんの縁起物など、「この子が幸せに暮らしていけるように」「元気に育ってくれるように」と願って贈る記念品です。

じぃじも、ばぁばもお孫さんが生まれたら忙しくなるのは同じですが、親夫婦とはちょっと違った視点で、今すぐの事だけではなく、ちょっと先の未来の事を考えて贈る出産祝いも素敵だと思いますよ。

赤ちゃんが大人になっても、じぃじとばぁばがいなくなっても、自分が生まれた時に作ってもらった記念品というのは、ずっと大切にとっておくものです。20年後、40年後にお孫さんが見返して「ありがとう」と思ってもらえる素敵な出産祝いを贈ってあげてください。

nairespoon

名入れ純銀スプーン

当店は純銀製のスプーンに赤ちゃんの名前や誕生日を刻印した名入れ銀スプーンを販売しています。
銀のスプーンは赤ちゃんの縁起物です。製造は宮内庁御用達メーカーが時間をかけてしっかりと仕上げた出産祝いにぴったりの逸品です。