2010年8月31日

サンマの梅肉巻き揚げ

IMG_6729.jpg

サンマは塩焼きが一番好きだけれど、毎日同じメニューという訳にも
いかず、きょうは梅肉と大葉をくるくると巻き込んで、揚げてみました。

よくイワシをこの方法で調理するのですが、そのサンマ版というところ
です。

「うん、うんまいね。」と主人も大満足の様子です。

きょうのサンマはちょっと揚げすぎでしたけどね。

他には、レンコンとナスとオクラを細かく切って茹で、豆腐を崩したものと
片栗粉に混ぜ混ぜして、フライパンで焼きました。

中に入れる野菜は、冷蔵庫に余っているものを使います。

レンコンのしゃきしゃき感とオクラのねばねばがしっかりと存在感を
示していました。
意外とナスの存在感が無かったのが残念でした。

でも、これってすごくビールに会うんですよ。

何もおつまみが思いつかないときの、お助けメニューになっています。

きょう私は踊りの練習があったので、ビールはお預け。
明日はおいしいビールが飲めるかな。

2010年8月30日

新物のサンマが安かったので・・・

IMG_6725.jpg

今年はサンマが不漁で、値段もすごく高いとか。

それで今までは解凍ものの安いサンマを買っていたのですが、この間、
スーパーで新物のサンマが安く売っていたので、即座に買ってしまいました。

昨日はこうしぇやしんちゃんも我が家で食事だったのですが、一年生に
なったこうしぇは、食べるものも大人に近くなってきました。

「ばあば、このサンマ、ちゃんと内臓をとってから焼いたの?」
「ううん、内臓なんてとらないよ。だって、そこがおいしんじゃない?」

続けて「こうしぇは、この大人の味はまだわからないだろうな。」と
言うと、ムキになって「わかるよ。」とのこと。

最近のこうしぇは「大人の味」という言葉に弱いんです。

2人の弟をもつお兄ちゃんでもあるこうしぇは、いろいろな気働きも
できるようになってきました。

でも時にはそれが大人の顔色を見るようにも感じられて...

お兄ちゃんは、時にはとっても切ないものです。

そんなこうしぇ兄ちゃんのために、大好きなカッパ巻きも作りました。
「こうしぇ、いっぱい食べてね。」

そんなお兄ちゃんを尻目に、天真爛漫なしんちゃんは「じいじ、もっと
これ食べる。」と餃子をパクパクと食べていました。

たいしたご馳走がなくても、孫と一緒に食べるお夕飯はとても美味しい
ものです。

もちろん、新物のサンマの味はばっちりでしたよ。

2010年8月26日

揚げ物三昧?

IMG_6718.jpg

痩せる為には、脂抜きの食事を心掛けなくては...?と思うのですが、
揚げ物はビールに合うんですよね。

今年の12月5日に踊りの発表会があるんです。
それで、今、週に何回も稽古が入っていて、ビールを飲めない日が
けっこうあるんです。

だから、ビールを飲める日は、ビールをおいしく飲める献立になって
しまうんですが...

うーん、悩ましいところですね。だって、踊る為にはもうちょっと
体重を減らさなければならないし...

きょうは新潟の夏の定番の、紫蘇巻きの天婦羅と私が初めて挑戦する
ちくわの揚げ物。

紫蘇巻きの天婦羅は、辛い獅子唐に味噌を入れ、それを大葉でくるくると
巻いたもの。

おいしくて毎年、夏になると我が家の食卓に何度も何度も登場します。

それにナスの蒸かしたものも。

長年食べなれたものは、ほんと美味しいですね。

美味しいものを食べる為なら、少しくらい体重が増えても仕方ない
ですね。

2010年8月22日

まだまだ暑い日が続いていますね

こんなに暑い夏は初めてかしら?

クーラーが苦手な私でも、一日中クーラーをつけてないと過ごせ
ないくらい暑い。

ホント、暑いですね。

IMG_6711.jpg

暑いとさっぱりしたものが食べたいけれど、こう暑いとさっぱり
したものだけでは物足りないですね。

IMG_6714.jpg

野菜中心の食事を心がけ、お肉は脇役に...と思っているけれど、
たまにはお肉を主体としたものも食べたくなってしまいます。

きょうは一口大のステーキ。
とっても柔らかく、ジューシーに焼き上げることができました。

うーん、満足、満足。

IMG_6712.jpg

かぼちゃをもらうのですが、二人暮しの我が家には大きすぎて...

煮付け、サラダ、カレーといろいろやってみたのですが、どれも
飽きてしまったので、新しいメニューを...とインターネットで
探してみました。

茹でてマッシュしたかぼちゃに片栗粉を混ぜ混ぜして、サランラップで
包み込み、出汁醤油で食べました。

主人はおいしいと言って食べてくれたけど、かぼちゃはかぼちゃ。

IMG_6707.jpg

保育園で、子どものお昼寝の時間にこつこつと再生している、汚れた
お人形。

「不器用なあんたがよく頑張っているね。」と母が褒めてくれました。

2010年8月19日

久々の同期会

このお盆に、久々に中学時代の同期会が開かれました。

実は私も今度の誕生日には還暦を迎える年になってしまったんです。
えっ、60歳?
それって、誰のこと?

こんな調子で、今までは、還暦なんて他人事だと思っていたんですけどね...

お盆で集まりが悪く、参加者は93名。
全体の3分の1弱の出席率でした。

「皆さーん、お久し振りです!!」と私の司会進行で会が始まります。

司会とアトラクションの出し物も私の担当。

「話に花が咲いているところ誠に恐縮ですが、このへんで余興に
入らせていただきます。」

大盃と槍を持って「名槍日本号」を躍らせてもらいました。
詩吟でアンコにあの有名な「黒田節」の入っている曲です。

IMG_6680.jpg IMG_6681.jpg

ふっー、踊りが終われば、心置きなくビールが飲めるというもの。

「ご苦労様。」と皆からビールを注いでもらい、一気に飲み干す。
飲んで、おしゃべりをして、また飲んで...

IMG_6683.jpg IMG_6691.jpg

見た目はすっかりおじさんとおばさんになってしまったけれど、気持ちは
まだまだ若いですよ、皆さんが。

IMG_6693.jpg

お料理もいっぱい出たのですが、おしゃべりが忙しく、お料理を
充分に堪能できなかったのは、残念。

IMG_6694.jpg IMG_6701.jpg

会場全体を見回して、手持ち無沙汰にしている人の所に行ったり、
盛り上がりに欠けると思えば、カラオケを進めたり...

そんな忙しさの中でも、誰よりもいっぱい食べて飲んでおしゃべりを
して、こんなに私が元気でいられるのは、毎日保育園で若い人たちと
接して、楽しく仕事をしているから。

でも、不思議ですね。
中学を卒業して以来、一度もあったことのない人とでも、時間の
壁を越えて、すぐに打ち解けることができるのですから。

この60年間、それぞれがいろいろな人生を歩んできて、その経験が
その人の人生を輝かせているんですね。

お気楽でノータリンな私の人生、この後はどんなことが待って
いるんでしょう?

とにかく、楽しいひとときでした。

2010年8月14日

お墓参りの後の恒例の夕食会

毎年、お墓参りの後は子どもたちファミリーと私の母と、
親子4代が一緒に我が家で夕食を共にします。

今年もシェフゆうすけはお仕事が休めないので、不参加。

IMG_6666.jpg

今回のメインは、孫たちの好きなもの...と考えて、手巻き寿司に
しました。

こせがママは、みんなのリクエストに応えて、一生懸命に巻き巻きを
しています。
本日、一番売れ行きが良かったのは、納豆。
そう、納豆の手巻きが一番でした。

IMG_6672.jpg

孫たちが来ると、いつもハンバーグと言うのは、ワンパターンになって
いるんじゃないかい?という夫の手厳しい指摘があったので、今回は
エビフライに。

夫の大好きな玉葱と椎茸のフライもついでに(?)作っておきました。

ああ、この写真にはまだ玉葱のフライは盛り付けてありません。

熱い揚げたてを食べさせたいので、揚げるそばから「食べて、食べて」と
催促をします。

IMG_6676.jpg

サラダ...孫たちはやっぱり手をつけませんでした。

こうしぇだけは、きゅうりを拾って食べていましたけど。

IMG_6667.jpg IMG_6671.jpg

母が持参してきた卵焼きとのっぺ。

せがれも夫も「卵焼きはばあちゃんのがいい。」というので、頼んで
作ってもらいました。

のっぺは私の作るものとは、だいぶ味も形も違います。
母や義母の味をミックスして、私流に仕上げたのが、私ののっぺ。

のっぺは、お正月のご馳走と思いこんでいたけれど、真夏ののっぺも
またいいものです。

2010年8月12日

いつもありがとう

昨日の夜、知り合いのご主人が「車のトランク開けてくんなせ。」と
言うので、???と思いながら、トランクを開けるとドンと大きな箱を
乗せてくれました。

「畑でいっぺ採れたっけ、食うの助けてくんなせや。」とのこと。

いつもありがとう♪

家に帰るまで、車の中にはおいしそうな匂いが充満していました。

IMG_6663.jpg

さあ、きょうのお夕飯はそのタカラの箱に入っていた材料を使って
作りましたよ。

昨日もらった箱の中に入っていたものは、枝豆、茄子、トマト、ピーマン、
つるむらさき、カボチャ、きゅうり、それにスイカとウリ。

まず、枝豆とつるむらさきを茹でて、カボチャのサラダとナスのけんちん
を作りました。

ゴーヤが冷蔵庫に残っていたので、ゴーヤチャンプルも。

この時期、何が嬉しいと言っても、こうやって新鮮な野菜をいただく
ことが何よりです。

トマトはきゅうりと一緒に、麹床に漬け込んで、漬け物にしちゃい
ました。

トマトの漬け物も、乙な物ですよ。

本当に、いつもいつもありがとう♪

2010年8月 9日

仲良しグループの飲み会

気の合う仲間と「遊遊会」というグループを作っています。

会の名前が示すとおり、もっぱら遊びを目的としたグループです。
遊びと言っても、ゴルフが主体なのですが...

昨日はグーラッフにて、久し振りに「遊遊会」の飲み会が開かれました。

IMG_6655.jpg

おしゃべりに夢中になって、写真を撮り忘れていました。

店内の照明が絞ってあるので、写真は難しいです。

手前の茶碗蒸しは、カニ味噌がたっぷりと入っており、濃厚なカニの
風味がたまらないおいしさでした。

IMG_6658.jpg

このお魚の名前はなんだったっけ?

サービスのタカシくんがお料理の説明をしてくれるのですが、すでに
酔っていて、よく覚えていません。

タカシくん、ごめんね。

IMG_6660.jpg

お腹がいっぱいでも、やっぱりパスタを食べなくちゃ。

この会にはみんな夫婦で参加しているんです。

何十年も連れ添ってきた夫婦ですから、どの夫婦もいい味を出して
います。

人生の山坂を夫婦ふたりで乗り越えてきた、いやいや私たち夫婦の
ように必死で、転がり落ちた山坂をよじ登っている者もいますし...

それぞれの生き方を尊重しながらの付き合いを大切にしています。

会が終わっても、尚別れがたく、友達夫婦の家に立ち寄り、また
飲みなおしです。

楽しい時間が、また明日からの仕事への意欲と活力に繋がっていきます。

2010年8月 7日

イワシのヌタ

IMG_6654.jpg

きょう、スーパーに買物に行ったら新鮮なイワシが手に入りました。

「ヌタにできます。」と言う宣伝文句につられて買いました。
一匹58円という安さも魅力でした。


私のヌタの作り方は、まず塩をして10分、次に酢で殺して10分。
こうして、3枚におろし、皮を剥ぎ取ります。

イワシは簡単に手開きができます。
皮もおもしろいほど簡単に剥げますよ。

付け合せのきゅうりやワカメを用意して、酢味噌をかければ
出来上がり。

酢味噌は、味噌、砂糖、酒、味醂を合わせて作りますが、私は
そこに辛子を加えます。

ヌタの正しい作り方はわかりませんが、これで充分おいしいヌタが
できます。

きょうはカレー風味に味付けをした砂肝も素揚げにして、私の
大好きな肴が揃いました。

はい、きょうもとってもおいしくビールが飲めました。

2010年8月 5日

久し振りに餃子を作りました

IMG_6651.jpg

久し振りに餃子を作りました。

餃子は私のもっとも苦手とする料理のひとつです。

焼き方はまだまだ下手くそですが、味は飛躍的においしく
なりましたよ。

要はキャベツなどの野菜とひき肉との比率の問題が一番大きな
要素なんですね。

野菜を多めに、それが第一のポイントです。

それからジューシーに仕上げる為に、鶏がらスープを加えた
ことです。
これにより、ぐっと美味しさが増したような気がします。

他には、塩鯖の焼き物と蒸かし茄子など。

いつもと変わらぬ食卓ですが、連日の猛暑のせいもあり、本当に
ビールがおいしく飲めます。

2010年8月 1日

紫蘇ジュース作りに挑戦

この時期、毎年お友達から色鮮やかな紫蘇ジュースが届きます。

今年も届きました。
でも、この紫蘇ジュースが大好きな我が亭主殿、アッと言う間に
飲みきってしまったのです。

そんな話を別のお友達にしたら、「じゃあ、自分で作ってみれば...」と
たっぷりの紫蘇を持ってきてくれました。

そこで、初めての紫蘇ジュース作りに挑戦です。

IMG_6648.jpg

これが初めて作った紫蘇ジュースの出来上がりです。

でも...

IMG_6631.jpg

まずは、紫蘇をよーく洗います。

実際はこの7倍くらいの量の紫蘇があったんですよ。

IMG_6633.jpg

沸騰したお湯に、この紫蘇を入れます。
そうすると、きれいな紫色だった紫蘇の色が抜けて緑色に
変わってしまいました。

IMG_6635.jpg

10分くらい煮出した後に、紫蘇の葉を取り出します。

この時点では、まだ黒っぽい紫色をしていますが、酢を
いれると...

IMG_6637.jpg

ほら、鮮やかな色に変わるでしょ?

お友達はクエン酸を入れて作るそうですが、紫蘇をくれた友達は
「なにもクエン酸でなくても、普通の安い酢でいいんだよ。」と
教えてくれました。

IMG_6644.jpg

こんなにたっぷりの紫蘇ジュースの出来上がりです。

ところが、ところが...

亭主殿曰く「みっちゃんの作った紫蘇ジュースがはるかにおいしい。」

ひどいでしょ?

なんで???

確かにお友達の作った紫蘇ジュースの方が、濃いような気がする。

そこで、再度鍋に出来上がった紫蘇ジュースを移し、紫蘇と砂糖を
たっぷりと入れて、作り直し。

一日置いたら、けっこう美味しくなったような気がするけれど...

亭主殿をうならせるような紫蘇ジュースができるまで、毎年挑戦
しなくちゃ。