2010年1月11日

切り和え

柚子の出回る時期に、絶対に作りおいておきたいものに、
「切り和え」があります。

「切り和え」はもともと新潟の西蒲地方では、仏事のときに
作られました。
法事とかおとりこしなどの仏事には、欠かせないものだったのです。

IMG_5920.jpg

今は、仏事など関係なく、こうして普通の朝飯などの時にも
食べています。

IMG_5921.jpg

切り和えの作り方は至って簡単!

大根の味噌漬け、生姜、柚子の皮を細かく、細かく切って、
すりゴマと和えるだけ。
隠し味に、砂糖をちょっと加えます。
家庭によっては、紫蘇の実を加えるところもあります。

ご飯にかけて食べると、食欲が増進し、何杯もご飯のお代わり
が欲しくなります。

せがれは「生姜が強すぎるんじゃないの?ばあちゃんの味とは
違う。」って言います。

確かに!!

母から子へ、子から孫へと引き継がれる家庭の味も、その時々で
ちょっとづつ姿や味を変えていくのでしょうね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kitchentool.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2066

コメントする