2010年1月 4日

塩引きの豆乳鍋

暮れに私の漬けたたくあんを、お友達にお裾分けに回ったのですが、
そのたくあんが、次々においしいものに交換されていきました。

まるで、わらしべ長者のよう!!と大喜びをしました。

塩引きをまるまる1匹...これもたくあんのお礼としていただいたものです。

でも、主人と二人暮しの我が家で、塩引きまるまる1匹無駄にしないよう
食べきるのは工夫が必要です。

IMG_5893.jpg

きょうは、その塩引きと白菜(これもお友達からのいただきもの)の
豆乳鍋を作りました。

豆乳に醤油をいれ、白菜をくたくたになるまで煮込みます。
そこに塩引き、ネギや若いほうれん草、エノキダケやシメジダケ
を加えて、出来上がり。

薄めのスープが塩味の鮭と調和し、見た目よりもはるかに
美味しく出来上がりました。

塩引きを3枚におろしたとき、中骨にたっぷりの身がついて
しまったので、鮭のガラと大根や里芋、ゴボウなどの根菜類を
酒粕で煮込んだものも美味しかったですよ。

鮭は捨てるところが、全く無いと言われていますが、ほんとうに
その通りですね。

4半身は母にお裾分けをし、その他は冷凍しておきました。

まだまだこの塩引き鮭で当分の間、楽しめそうです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kitchentool.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2062

コメント[2]

あけましておめでとうございます!
すっかりご無沙汰していてごめんなさい。

この1年がみなさんにとって素晴らしい年になりますように。

豆乳鍋、おいしそうです^^。

izumimirunさん

あけましておめでとうございます。

こちらこそ、すっかりご無沙汰してしまいました。

コメントを残すゆとりはなかったけれど、いずみさんの
ブログは毎日お邪魔していましたよ。

献立に行き詰ったときの、強い味方ですから。

今年もおいしいものをいっぱい紹介してくださいね。

コメントする