2009年11月30日

沢庵漬け

冬を前に毎年、沢庵を漬けます。

今年はお天気に恵まれて、仕事も楽にはかどりました。

IMG_5712.jpg IMG_5714.jpg

IMG_5715.jpg IMG_5735.jpg

IMG_5740.jpg

友達の実家が、大根の産地なので、毎年友達に頼んで大根を
調達してもらいます。
例年ですと、しっかりと天日に干した大根を用意してもらうのですが、
今年は生の大根を漬けてみることにしました。

私の料理はだいたい調味料の分量など計ったことがないくらい、いい加減
なのですが、この沢庵漬けだけは、しっかりと調味料の分量を計って漬け
ます。

まず、大根をしっかりと洗い、20kgの大根に対して、800gの塩で
1週間ほど漬けます。

昨日の日曜日、ようやく1週間が経ったので、いよいよ本漬けを行いました。

ジャブジャブと水が出ていますので、その水を空け、既定の分量の調味料に
漬け込みます。

ちなみに材料と分量は以下の通りです。

 (大根20kgに対して)
    ・こぬか・・・500g
    ・ざらめ・・・1~2kg
    ・塩・・・200g
    ・醤油・・・1カップ
    ・酢・・・2/3カップ
    ・鷹の爪・・・適宜

私は、着色料など一切使わないので、漬けあがりも沢庵独特の
黄色い色にはならないのですが、とっても美味しいんですよ。

今年は40kgを漬けました。

このまま3週間ほど、しっかり重石をして寝かせれば出来上がり
です。

毎年、私の沢庵を楽しみにしている人も大勢いるので、上手に
漬かればいいな...と念じています。

うーん、楽しみ、楽しみ。

2009年11月28日

いつも通りのお夕飯ですが・・・

IMG_5730.jpg

相変わらず変わり映えのしない、いつも通りのお夕飯です。

きょうの献立は
   ・大根の煮もの
   ・サラダ
   ・キャベツたっぷりのハンバーグ
   ・わかさぎの唐揚げ
   ・野沢菜の煮菜

大根はほぼ毎日我が家の食卓に登場します。
今年は冬の野菜が安くておいしいんですよね。
だから、毎日同じ食材を飽きないように工夫してお料理
しなきゃいけないんです。

新潟の冬の定番料理の煮菜。
通常はたい菜で作るのですが、野沢菜の煮菜もおいしいよと
母から作ってもらいました。

キャベツたっぷりのハンバーグも母の作ったものです。
私の作るハンバーグとはまた別の味があって、おいしかったです。

たいしたものは無いのですが、こうして毎日おいしくお酒を
飲めるのは幸せです。

近頃は寒いので、燗のお酒がとっても美味しいです。

2009年11月25日

仲間とおいしいお酒を

連休の最終日、楽しいことがありました。

気の置けない仲間との飲み会があったのです。

新潟朱鷺市の吉田会長が3度目のホールインワンをし、その
記念パーティの後の、更にその後の記念パーティ。
一体、何度記念パーティをやったら気が済むんだ...と笑われそう
ですが、何度でもOKですよ。

限定10名さままで無料ご招待だったのですが、結局集まったのは
17名。
7名分は全員で割り勘です。

IMG_5720.jpg

最初に出たのはお刺身。
この時期、私が一番おいしく思うのは何と言ってもブリ。
寒ぶり、最高においしいですよ。

IMG_5722.jpg

吉田会長、「きょうは一人づつ料理が出るので、他人の分まで
食べないように。」と言っていたけど、えーっ、やっぱり大盛り
ジャン。

IMG_5724.jpg

飲むほどに酔うほどに、お料理も出てきたようですが、なにしろ
私は飲むのもおしゃべりも忙しい!!

なんか写真がぶれているようだけど、これはステーキ。
ハイ、喧嘩しないようにちゃんと一人前づつお皿に盛られて
でてきましたよ。
この時点で、私、かなり酔っていたようです。

IMG_5726.jpg

うーん、カレイの唐揚げ、私大好きなんですよ。

吉田会長、君が3度もホールインワンするから皆がこうして楽しく
飲めるんだよね。
4度目のホールインワン、期待しているよ。

2009年11月24日

孫との食事は最高♪

IMG_5717.jpg

連休の中日、こせがれと一緒に過ごしました。

新潟のこの季節には珍しいような良いお天気の一日。

私は沢庵を漬けるために、大根を買いに行ったり、漬物桶を洗ったり...と
忙しかったのですが、こせがれのパパとママが仕事の為、こせがれとの
時間を持つことができました。

「ねえ、ばあば、ゲームしに行こうよ。」
「そうだね、この大根を漬けなくちゃなんないんだけど...」
「つまんない、つまんない、つまんない。」

こせがれの「つまんない」の連発に負けて、結局ゲームをするために
お出かけ。

だけど、帰りの車の中で眠ってしまい、家に帰ってからも3時間近くも
眠ってくれたこせがれちゃん。
おかげで、ばっちりと大根を漬け込むことができました。

お夕飯はせがれ夫婦もやってきて、こせがれを囲んでの楽しい食事に
なりました。

うーん、孫と過ごす時間ってなんて楽しいんでしょ。
そして孫と一緒に食べるご飯は、なんて美味しいんでしょ。

きょうのメインは一応、ロールキャベツだったのですが、盛り付けも
ヘタだから、なんだか訳のわからない料理に見えますね。

ミニトマト、大根を買いに行った近くに1袋50円で売っていました。
わー、お買い得!!と思っていっぱい買ってきました。
甘くてとてもおいしいミニトマトでしたよ。

うーん、楽しい休日だったな、満足、満足。

2009年11月22日

味付けを変えてみたら・・・

IMG_5709.jpg

大根や里芋、白菜など季節の野菜が今すっごく瑞々しくて
おいしいですね。
おまけに今年はこれらの野菜が安いときているから、たまりません。

毎日毎日、我が家の食卓を賑わせてくれます。

でも、そんなに豊富な料理のレパートリーがあるわけでもなく、毎日
代わり映えのしない料理が並びます。

私の味付けは、主に醤油ベースのものや味噌味のものがほとんどなので、
この間は、根菜と豚肉を鶏がらスープと塩味で煮てみました。
たっぷりの胡椒を効かせて。

豚肉も煮込む30分前に塩をすり込んでおきました。
しっかりと味がついたうえに、とっても柔らかく煮えて、大満足でした。

ちょっと味付けを変えるだけで、いつもの材料が魅力的な料理に
変身しました。

2009年11月21日

嫌いなものでも、たまには・・・

私は自分ではあまり偏食のあるほうだとは、思わないのですが...

嫌いなものなんて、ほんの数えるほど。
えーと、アスパラでしょ、カリフラワーにブロッコリーに、そして
うなぎとアナゴと鱧、それからモツとかの内臓系。

IMG_5707.jpg

先日、母から電話がありました。
「もしもし、モツ煮を作ったんだけど、取りに来ない?
あんたがモツ嫌いでも、〇〇さん(亭主の名前)は好きでしょ。」

という事で、モツ煮をもらいに行って来ました。

「あっ、モツこんなに入れないで。私は野菜だけで充分なんだから。」
モツが嫌いな私は、なるべくモツを入れないよう苦心してタッパーに
入れてきました。

夕食時、主人が「おっ、モツなんて珍しいね。」と嬉しそうです。

ところが...
「それにしても、モツがあんまり入ってないんだけど...。」と主人。

心の中で「当たり前でしょ、私、モツなんて大嫌いなんだもん。」と
毒づきます。

でも、すぐに反省。

自分が食べれなくても、主人が好きなんだから、ちゃんと普通にモツも
入れてもらってくればよかったな...

この写真をみて、つくづくと反省。
本当にあまりモツの姿がありません。

ごめんね、我が亭主殿。

2009年11月15日

孫たちにはハンバーグを

きのう、また孫たちに電話しました。

「もしもし、ばあばだけど、きょうご飯食べに来ない?」と。

こせがれもこうしぇもしんちゃんもやって来ました。

IMG_5701.jpg

孫たちの好物はハンバーグ。

冷蔵庫の中のひき肉をコネコネして、またハンバーグを作り
ましたよ。

こせがれは3個も食べました。
しんちゃんもパクパクといっぱい食べたのですが、こうしぇは
食が細く、あまり食べてくれませんでした。

IMG_5699.jpg

私たち大人のためには、おでんを作りました。

この写真ではあまり味が滲みていないように見えますが、下に
もぐっている大根や里芋、こんにゃくにはしっかりと味が滲みて
います。

このたびのおでんは、隠し味に柚子味噌を使いました。

ほのかな柚子の香りがとっても食欲をそそりました。

何よりも、孫達との食事はご馳走があっても無くても、それだけで
じゅうぶんなご馳走なんです。

2009年11月 9日

旬のカブを使って

IMG_5693.jpg

今、カブも旬を迎えていて、とってもおいしいですよね。

カブと言えば、漬物として食卓ののぼることが多いのですが
煮ものやサラダにしてもおいしんですよ。

我が家でひんぱんに作るカブ料理は「いりカブ」

「いりカブ」は味噌と酒粕でカブを煮たものですが、きょうはあいにくと
酒粕を切らせていたので、カブをゆで卵と一緒に醤油味で煮て片栗粉で
とろみをつけました。

カブの茎の緑もくすんでしまったし、ゆで卵も崩れてしまい、見た目は
非常に悪いのですが、味はけっこう良かったです。

でもやはり料理は見た目も大事ですね。

写真に撮ったら、あまり美味しそうじゃなかったので、ちょっと
がっかりです。

2009年11月 7日

コーンたっぷりコロッケ

IMG_5685.jpg

今日のメインはコーンたっぷりコッロケ。

主人の帰宅時間に合わせて、用意しておいたコロッケを油鍋の
中に。

ジュージューおいしそうな音を出して、コロッケが揚がりました。

揚げたてのコロッケは、冷たいビールと実によく合うんです。

「うーん、熱いコロッケはうんめえね。」と主人も大満足です。

大根と里芋、人参にこんにゃく、それと豚三枚肉と油揚げ、これらを
ぐつぐつと煮込んで、甘味噌で味付けしました。

これはビールよりも、日本酒に合うかな?

きょうはビールのあとに日本酒。

日本酒は越後の銘酒「八海山」をチョイスしました。

ホクホクのコレッケと季節の野菜たっぷりの煮込み、大、大、大
満足のお夕飯でした。

2009年11月 5日

ふるふき大根

今年は大根が甘くて美味しいとか。
おまけに安いときているから言うことなしです。

IMG_5680.jpg

そこできょうの献立は大根をメインに決めました。

ふろふき大根とほっけの干物。
キャベツと油揚げの煮びたしとこれまたキャベツの塩もみ。

IMG_5679.jpg

ふろふき大根は柚子味噌をかけていただきます。

去年たっぷりと冷凍しておいた柚子がまだあるので、凍ったままの
柚子をすって、味噌に入れます。
今年の生の柚子は、皮を薄く削いで、最後に味噌の上に飾りました。

柚子の香りが何とも言えず、おいしく出来上がりました。

大根も柔らかく煮えて、大満足の一品でした。

明日の朝のお楽しみもあります。

まず、きょう使った柚子を明日の朝のお風呂に入れて、柚子湯、
柚子のお風呂を楽しみます。

それから大根を煮るときに使った昆布は、細く切って、鰹節と
ゴマと一緒に甘辛く炒め煮をして、佃煮を作り、おにぎりに
変身させようと思っています。

きょうの献立には、日本酒がとてもよく合いました。

きょうのお酒は「〆張鶴」でした。