2009年10月31日

母の手作り味噌で

私の母は、80才を超えて尚、元気で独り暮らしをしています。

元気の秘密は、よく食べること。
私同様、食べることに貪欲なんです。

独り暮らしなのに、料理もまめにして手を抜かないんですよ。

「味噌ができたから、取りに来ない?」という母からの電話で
母の手作り味噌をもらってきました。

IMG_5672.jpg

まずは、これも頂き物の新鮮なキャベツで、ロールキャベツを
作りました。

母の手作り味噌を使って、味噌味のロールキャベツにしました。

IMG_5677.jpg

味噌といえば、味噌汁ですよね。

それから、カブを味噌と酒、味醂と合わせたものに漬け込み、
カブの味噌漬けも作りました。

今まで、味噌漬けにする味噌は、安いものを買ってきて漬けて
いたのですが、おいしい味噌漬けを作るには、やはりおいしい
味噌が不可欠のようです。

おいしいものを食べて、好きなことをして、楽しく過ごす。
決して贅沢でなくていいから、そんな毎日を遅れたら最高ですね。

2009年10月21日

大根飯

IMG_5656.jpg

先日、新潟日報を読んでいたら大根飯について書かれた記事が目に
止まりました。

大根飯かぁ...

こんなに長く生きているのに、大根飯って食べたことが無いな...

そこで早速大根飯を作ってみることにしました。

お米を酒と醤油とだし汁で炊くのですが、そのときに米とほぼ
同量の千切りした大根をいっしょに炊き込みます。

炊き上がったご飯を見ると、あれ、大根は???という感じで
見た目は大根の存在感はほとんど無し。

食べると、ほんのりと甘く、ちょっと大根の苦みも。
味にはしっかりと大根が「大根ここにあり」と主張している
ようでした。

うーん、どうせなら大根飯でなく里芋ご飯のほうがいいかな?

今度は里芋ご飯を作ろう、ああ、舞茸ご飯もいいかな...?

食いしん坊の私は、食べながらも次に何を食べようかなんて
考えているんですよ。

2009年10月14日

3人分のお弁当

IMG_5638.jpg

台風一過の先週金曜日、私のお勤めする保育園の遠足が
ありました。

遠足の日は園児たちも家からお母さん手作りのお弁当を
持ってきますので、給食はありません。

もちろん私たち保育士もお弁当持参です。

自分でお弁当を作る人、何人かで組んで業者に頼む人、若い
人の中にはお母さんの愛情たっぷりのお弁当を持ってくる人も
います。

私は...ええ、もちろん私は手作り弁当ですよ。
同じクラスの担任、二人の同僚にも私がお弁当を作ってあげる
ことにしました。

いろいろ考え、おにぎりを3人分作るのは面倒だと、結局主食は
五目おこわにしました。

メインはデミグラスソースにからめたハンバーグ。

「あー、このハンバーグ柔らかくて美味しい!!」

こんなに喜んでもらえると、朝早く起きてお弁当を作った
甲斐があります。


「ねえ、ねえ、どうするとこんなに柔らかいハンバーグができるの?」
と訊ねられ、お弁当を食べながら即席のお料理講座を。

要するにつなぎのパン粉をあらかじめ牛乳でひたし、お肉の水分を
吸い取られないようにすることがコツなんです。

お弁当って、作るのは面倒だけれど、皆でワイワイガヤガヤ食べるのは
楽しくていいですね。

2009年10月 7日

ご飯の友?それとも酒の友?

IMG_5632.jpg

このところ急に涼しく、いえいえ寒くなってきましたね。

こんな日は一人ゆっくりと熱燗の徳利を傾けて文庫本片手に
お酒を飲むのが好きです。

いつものお夕飯に用意する肴とは別に、ちょっとづつの特別の
肴をテーブルに並べました。

これは古い知り合いからいただいたもの。

左の上から
   ・ゴーヤの佃煮
   ・きゅうりの酢漬け
   ・紫蘇の実の醤油漬け
下の左から
   ・きゅうりの甘露煮
   ・ミズナの実の醤油漬け

全部、手作りです。
たっぷりの材料と調味料、それに手間をかけて作ったものです。

味の濃いものばかりなので、ちょっとづつ、ちょっとづつ
つまみながらお酒を飲みます。

私の特にお気に入りのものは、ミズナの実。
春に食べるあの山菜のミズナは秋に実をつけるんですって。

それを醤油に漬け込んだものなんですが、おいしくて、ついつい
お酒が進んでしまいます。

もちろん、お酒の肴としてだけでなく、ご飯のお供としても
とっても美味しいんです。

ちょっと塩分の摂りすぎかな...?と思いますが、このおいしさには
勝てません。

2009年10月 5日

主婦の鑑

IMG_5623.jpg

タイトルの「主婦の鑑」って、もちろん私のことでは
ないですよ。

あはぁ、そんなこと言われなくても皆さんわかっていますよね。

きのうの日曜日、久し振りに友達の家に遊びに行ってきました。

ご主人と私は中学時代の同級生、奥さんとは彼が結婚してからの
付き合いです。

彼らの家は、隅々まで磨き抜かれピカピカ。
庭には草1本も生えていません。

とにかく気持ちのいい家というだけでなく、いつ行っても歓待
してくれるから、尚のこと気持ちがいいんです。

きのうは彼女の手作りのお菓子が出てきました。

おしゃべりに花を咲かせ、おいしいお茶やお菓子をいただいて
ホント、満足、満足でした。

彼女、結婚した時から完璧な主婦をしていたんです。
ぐーたら主婦の私とは大違い!

子育ても完璧で、いい子たちに育ちました。

彼女の爪の垢でも煎じて飲めば、私もいい主婦になれるかしら?