2009年8月30日

子供は元気が一番

週末になると、主人が孫たちに「じいじだよ。またじいじの
お家へご飯を食べにおいで。」と電話をします。

IMG_5480.jpg

私は孫たちの喜ぶ顔が見たくて、せっせとご飯を作ります。

孫たちの喜ぶ顔というより、そんな孫たちを見て喜ぶ主人の顔が
見たくてご飯を作っているのかもしれません。

こうしぇは長物が好きなので、こうしぇのためにはざるラーメンを
用意しました。
そして、きゅうりが大好きなので、プランターのきゅうりをもがせて
生をかじらせました。

こせがれはカボチャと大葉の天婦羅が大好きなので、こせがれの
ためには野菜の天婦羅を作りました。
そして、「ちゅぶちゅぶご飯」とこせがれが言う、筋子のせご飯
も用意しましたよ。

しんちゃんは何でも好き嫌いなく食べる逞しい1歳児です。

じいじのためには、今が旬のサンマ。
また大きいサンマで、盛り付けの時に身が崩れるといけないから、
最初から半分に切って焼いたサンマです。

昨日は食後に「戦いをしよう!」と孫たちにせがまれ、孫たちは
正義の味方、そしてじいじは悪役になっての戦いをして、汗びっしょり
になりました。

今朝さっそく電話をして「きのう、あんがに(あんなに)汗かいたけど
風邪ひかんかったかね?」と聞きました。

「大丈夫!!」と言う元気な声にホッ♪

この近辺でも新型インフルエンザが出始めたということで心配です。

しっかりとご飯を食べて体力をつけてさえおけば、風邪なんて平気。
インフルエンザも吹き飛ばしてしまいます。

子供は元気が一番ですね。

2009年8月28日

しつこくてゴメン!

先日のお夕飯、「さて、何を作ろうかな...?」と冷蔵庫を
覗いて...

IMG_5473.jpg

前日に使った冬瓜の残りがあったので、再度冬瓜を使った料理に
挑戦。
まあ、挑戦というほど気張った料理ではなかったのですが...

IMG_5479.jpg

それにナスをいっぱいもらったので、ナスで何を作ろうかな...?と
考え、結局ズッキーニとちくわと一緒に炒め煮にすることに。

味噌で味付けをし、最後にごま油をたらしました。

ナスはこの他に漬物と味噌汁にも使ったので、ナスずくしと言った
感じでした。

IMG_5476.jpg

それから、本当にしつこいのですがまたまた餃子を焼きました。

「もういい加減にしてくれ!!」と亭主の悲鳴が聞こえてきそうです。

日曜日からずっと焼き続けた餃子、まだまだパリッと焼き上げると
いうわけにはいきません。

でも、最初の頃より少しはまともになってきたでしょ?

これで満足しているわけではないのですが、しばらく餃子を
焼くのは遠慮しておきます。

2009年8月26日

おしゃべりしすぎて・・・

昨日、スーパーのまん前で久し振りに本当に久し振りに
お友達にばったり会いました。

「元気だった?」
「うん、元気、元気!!」というところから立ち話が始まり、
延々と1時間もおしゃべりしちゃいました。

わー、たいへん、ちょっと長話をし過ぎたかしら...?

IMG_5465.jpg

こんな日は、既製品も上手に使わなくちゃ。

ちょうど揚げたてのイワシのフライを店員さんが並べていたので、
迷わず買っちゃいました。
値段も安かったし...

IMG_5468.jpg

家に帰ってすぐに、とうがんを鍋にかけました。

時間が無いときは、料理の手順をちゃんと考えて動かなければ
なりません。

とうがんを煮ている間に、フライに付け合せる野菜を刻んだり、
漬物をあげたり...

IMG_5471.jpg

まだまだ餃子がパリッと焼けないので、きのうもしつこく餃子を
焼きました。

少しずつだけど、上手になってきたかな?

おしゃべりをし過ぎて、バタバタと準備をした夕食だったけれど
まあ、そこそこおいしくできたから、許してね。

2009年8月25日

上手になるまで焼くわよ!!

きのう紹介した私が焼いたトホホな餃子...

あーあ、私って何でこんなに餃子焼くのがヘタなのかしら?

IMG_5461.jpg

くっそー、くそ、くそ...

こうなったら上手になるまで徹底的に焼くわよ!!!

だから、また餃子が食卓にのぼっちゃいました。

愛しの亭主殿、ちょっと我慢してね。

IMG_5462.jpg

毎日同じ餃子だけの食卓は味気ないけれど、サプライズの
美味しいものがあったんです。

それは久し振りに更新した「やさしいキッチンツール晶子日記」で
紹介したプランターのきゅうり。

やっと食べごろの大きさになったので、たった1本だったけれど
生のまま、お味噌をつけて食べました。

きゅうりのイボイボが痛いくらい新鮮なきゅうり。

とっても美味しかったです。

2009年8月24日

こせがれと餃子作り

昨日の日曜日、テレビで高校野球を観戦し、その後はこせがれと
一緒に餃子作り。

うーん、文理は勝ったし、こせがれと共同作業で餃子を作ったりで
とっても充実した一日でした。

「こせがれちゃん、お肉はよーくコネコネしないと美味しくならない
んだよ。」
「わかった!!これくらい混ぜ混ぜすればいい?もう、お手々が
冷たくなってきたよ。」

IMG_5456.jpg

あちゃー!!
味はとってもいいのに、私が餃子焼くのがとっても下手なもの
だから、こんなにぐちゃぐちゃになちゃいました。

焼く時の水が多すぎるのかしら?

こせがれは、うまくひだが作れないから、ペタンとふたつに折りたたんだ
だけ。

「これ、こせがれが作ったんだよ。美味しい?」

もちろん!!

60個の餃子ができたんですが、こせがれ餃子が一番よく売れました。

IMG_5454.jpg

餃子だけだと物足りないので、今が旬のサンマも焼きました。

あんまり大きいサンマだったので、お皿に移すときにちょっと崩れて
しまいました。

「どうしよう、みっともなくなったね。」
「ママ、いい考えがあるよ。葉っぱで隠してしまえばいいんだよ。」

うーん、こせがれママって頭がいい。

IMG_5460.jpg

餃子とサンマではせがれが満足しないのが目に見えていたので、お肉を
サッと焼きました。

せがれのお腹を満足させるためだけのお肉です。

IMG_5459.jpg

スーパーのお寿司ですが、たまにはいいですよね。

結局、何も野菜がないということで主人には不評の献立でしたが、
こせがれと一緒に楽しくご飯が食べられれば、それで充分満足です。

こせがれちゃん、今度はいっしょに何を作ろうか?

2009年8月22日

ぜき

きょうの献立はこんなものだったのですが、初めて挑戦する
料理がありました。

IMG_5448.jpg

「ぜき」

この辺の言葉では「ぜき」っていうのですが、きっと全国共通の言葉では
ないと思います。

「ぜき」とは八つ頭の茎の部分を言うのですが、八つ頭って皆さん
お解かりになりますか?

八つ頭は里芋に似た植物です。

里芋より葉っぱが小さく、茎の部分が赤いのです。

「ぜき」のスジを取って、それをサッと湯がいて酢のものにしたり
煮付けたりして食べます。

IMG_5452.jpg IMG_5451.jpg

「ぜき」は酢につけると鮮やかな赤い色になります。

半分は酢の物に、もう半分は油揚げやツキコンと一緒に炒め煮にしました。

「ぜき」はいつも母が料理したものをもらってきては食べていたのですが、
今度は私が母の味を嫁や息子、孫達に伝えていきたいと思っています。

2009年8月20日

きょうはお肉の用意をしました

きのうは肉も魚もない、ちょっと物足りない食事だったので、
きょうはお肉を用意しました。

IMG_5436.jpg

鉄板焼きをしようと思ったのですが、たった二人の食事ですので
わざわざ鉄板を出すのも面倒だから、フライパンでちゃちゃっと
肉と野菜を焼いてしまいました。

年をとったら、肉だけでは飽きてしまうので、野菜はたっぷりと
摂るよう心がけています。

IMG_5438.jpg

そしてくどい献立にあわせるため、さっぱりとしたおかずも欠かせ
ません。

豆腐の上にたっぷりのオニオンスライスをのせ、青じそ風味の
ポン酢をかけていただきます。

天カスと薬味も忘れずに添えました。

さっぱりしたものが一番美味しくいただけると言うことは、
やはり私も年をとったのでしょうね。

2009年8月19日

私ってベジタリアン??

IMG_5434.jpg

お盆にお金を使いすぎたので、きょうも有りもので夕食作りです。

冷蔵庫の中身とにらめっこで作ったきょうの夕食は以下の通りです。

 ・ひじきの煮もの
 ・かぼちゃの煮もの
 ・ナスとズッキーニの炒め物のみぞれかけ
 ・豆腐とミニトマト&オクラの盛り合わせ
 ・余り物のカレー

どれも結構おいしく大満足でビールを飲めたのですが、うん??
どこにも動物蛋白が使われて無いぞ...ということに気付いてしまい
ました。

もしかして、私ってベジタリアンだったのかしら?

いいえ、いえいえ、そんなことはありません。

私も主人もお肉やお魚は大好きなのですが、たまたまきょうは
それが無かっただけ。

明日も、冷蔵庫に入っているものだけで夕食作りをしようと
思いますが、果たしてどんな献立になるやら?

限られた食材でいかにおいしい物をつくるか、これって本当に
頭の体操になっていいんですよ。

2009年8月17日

枝豆でお絵かき

IMG_5425.jpg

せがれファミリーと、グーラッフへ食事に行ってきました。

次々に出されるご馳走を食べて飲んで、そしておしゃべりをして...
「あっ、これ写真に撮っておけばよかった...」でも、後のまつり。
写真を撮るより、食欲のほうが勝っているんですもの、仕方ありま
せんね。

結局、ご馳走の写真はほとんど撮れなかったのですが、こせがれが
お皿の上に、枝豆でかいた顔(?)だけは、しっかりと写真に残し
ましたよ。

「ねえ、見て、見て。これ髪の毛だよ。」と縦に枝豆を並べた
こせがれ。
目と口はさやから出した豆を利用。

「あっ、可愛いお顔ができたね。」と私。

「こせがれや、こうするとライオンになるよ。」とじいじがお皿の
周囲に枝豆を並べ始めると、すかさずこせがれが「ダメ!!」と
じいじの並べた枝豆を排除。

「こせがれはね、ライオンじゃなくて可愛いお顔を作っているの。」
「はいはい、ごめんね。」と素直に謝るじいじ。

でも結局はお皿全体に並べた枝豆がライオンのたてがみに見えないことも
ないけれど...

主人は、こせがれと過ごす時間が何よりも楽しそうです。

私に向かって「こせがれと一緒にいると、すっごく癒されるてば。」
と口癖のように言います。

休みになると、こせがれを連れてゲームセンターに行ったり、釣堀に
行ったりしていますが、ほんとうはじいじがこせがれに遊んでもらって
いるようです。

こせがれや、また今度じいじと一緒に遊んであげてね。

あっと言う間に過ぎてしまったお盆休みの楽しい思い出でした。

2009年8月14日

お墓参りの後は・・・

きのう13日はお墓参り。

お盆とは思えないようなお天気で、いつもの時間夕方の6時過ぎに
お寺に行ったら、墓地はガラガラ。

お寺様曰く「いやー、こんなに出足の早い年は初めてらて。」

天気予報では、午後から夕方にかけて雨が降ると、それもかなりの
量の雨が降るとの予報が出ていたんです。

主人と子供夫婦それに孫たちと墓前に手を合わせ、何はともあれ
今は平安な生活ができていることに感謝!

お墓参りの後は、また皆で一緒に夕食を食べました。

IMG_5414.jpg

久し振りに、本当に久し振りに巻き寿司を作ってみました。
もちろん、あの道具を使ってですが...

IMG_5415.jpg IMG_5416.jpg

IMG_5417.jpg IMG_5418.jpg

IMG_5419.jpg IMG_5420.jpg

後は子供の好きなものをメインに考えて、鶏の唐揚げやこんにゃくおでんを
作りました。

でも、私の好きな肴をはずす訳にはいきません。

きょう私が一番おいしく感じたのは「ズッキーニの天婦羅」と
「茄子とピーマンのみぞれ煮」だったのですが、やはり孫達は
これらのものには見向きもしてくれません。

こせがれやしんちゃんは、いろいろなものを食べてくれるのですが、
こうしぇは超偏食で、きゅうりとこんにゃくしか食べないので、ママに
叱られていました。

せがれも「こうしぇ、きゅうりばっかりではだめらろ!!」なんて
言っていましたが、「あんたも小さいときは同じようなもんだったよ。」
と心の中で思いました。

でも決して孫達の前ではそんなこと言いません。

それでいいと思われたらたいへんですものね。

きっと亡くなった父も、この食事会を目を細めて見ていたかも
しれませんね。

2009年8月 8日

何度もお変わりしちゃいました

IMG_5409.jpg

きょうの献立は
   ・ポークピンズ
   ・串ささず焼き鳥
   ・きゅうりとちくわのマヨネーズ和え
   ・冷奴
   ・茄子漬け
   ・かぼちゃの煮もの

ポークピンズを作ったのは、きょうで2度目なのですがすっごく
おいしくできました。
何度もお変わりをしちゃって、ああ、またデブになる...と自己嫌悪に。

そしてビールも終わりに近づいた頃、「あっ、せっかく作ったかぼちゃの
煮ものを出すの忘れちゃった!!」

あーあ、いつものことなんですけどね。
結局、かぼちゃの煮ものを食べる為に、またビールのお変わりを
しちゃいました。

ポークピンズのお変わりと、ビールのお変わりと...

忘れたと言えば、冷奴の薬味も出すのを忘れたんです。

薬味はいつもたっぷりと作り置いて冷蔵庫に入れてあるのに...

ビールを飲み始めてから、亭主に「奴の薬味は??」って言われたの
ですが、もう動きたくなくて「きょうは豆腐本来の味を味わう為に
薬味は無し!!」って言ってしまいました。

だって、飲んでいるのに何度も何度も立つのはホントに面倒くさい
んですもの。

こんな私は主婦失格ですね。

まあ、女房としての役割を果たせなくても、飲み友達としての
役割を果たしているから、いいか!!

許してね。

2009年8月 6日

イワシのフライ

IMG_5407.jpg

イワシと言えば、お安い魚の代名詞のような存在でしたが、
最近はそうでもないんですね。

でも、きょうスーパーに寄ったら、イワシが安く売っていました。
1パック5匹入れのイワシが、298円。

うーん、この安さなら買わなきゃ、ソン、損!!と早速買ってきましたよ。

そして、はて何を作ろうかな...?
塩焼き、蒲焼、それとも梅肉を巻いて揚げようか...といろいろ考えた
けれど、結局フライにすることにしました。

イワシと言えば、ヌタも大好きなのですが、きょうのイワシはヌタに
するほど新鮮じゃないかも...と結局フライになったのです。

久し振りに食べるイワシのフライ、さくさくとしてとっても美味しかった
です。

2009年8月 5日

鶏と野菜の甘味噌炒め

IMG_5404.jpg

この間、シェフゆうすけがたっぷりと持ってきてくれた鶏肉と
豚肉。

1回分ごとに小分けにして冷凍しておいたのですが、豚肉は食卓に
登場回数が多いのに、鶏肉はさっぱり...

そこで、よーし、きょうは鶏肉がメインのお料理を作るぞ...と一大決心。

そこで考えたのが、「鶏と野菜の甘味噌炒め」

うーん、私の感覚ではかなり美味しくできました。

きょうの献立はこの他には以下のようなものでした。

  ・鶏と野菜の甘味噌炒め
  ・トマトと卵のふわふわ炒め
  ・きゅうりと中華くらげの和え物
  ・枝豆(おつな姫)
  ・漬物(きゅうりのじゃが漬け及び辛子漬け、茄子漬け、カタウリの漬物)

うーん、いずれも乏しい材料費の中でよく考えた献立...と自我自讃。
私って、お気楽ですね。

知り合いの人たちからいただく茄子やきゅうり、それにピーマンなど
我が家にはとっても助かっています。

ありがとう♪

2009年8月 3日

ゴーヤのマヨネーズ炒め

IMG_5396.jpg

先日、スーパーで買物をしていたら知り合いの人に出会いました。

そして、いつもの調子で世間話を...

「今晩は何を作ります?」
「ホント、毎日のことだから頭が痛いですよね。」
「でも、あなたお料理が上手だから...」と私。
「いいえ、上手だなんて...でもね、私は何時間でも台所に立って
いるのが苦じゃないんですよ。」

彼女はお嫁さんが「うちのお姑さんは、すっごくお料理が上手
なの。」と自慢するくらい料理上手なんです。

いろいろと話をしているうち、私に欠けているものは、美味しい
ものを食べさせたい...と言う情熱だと気がつきました。

それで、家に帰ってから冷蔵庫の中身と買物したものとを考え
合わせて献立を決める前に、インターネットでレシピの検索を
しました。

すこしでも美味しいものを食べさせたいと思って!!

そして作ったものがこれ、ゴーヤのマヨネーズ炒めでした。

ゴーヤと言えば、ゴーヤチャンプルか掻き揚げくらいしか
作ったことがないのですから。

スーパーで出会った彼女を見習い、私も家族のために美味しい
ものを作るよう、頑張ります!!

2009年8月 2日

蒸かし茄子

IMG_5397.jpg

茄子と言えば、夏野菜の代表格。

昔は夏の食卓は茄子づくしで、子供ながらにうんざりでした。
だって、きょうも茄子、明日も茄子なんですから...

ナス漬けにナス汁にナスのケンチンに...

そして、子供の頃私が一番嫌いだったナス料理がこれ、蒸かし茄子。

でも、不思議ですね。
子供の頃嫌いだった蒸かし茄子が無性に食べたくなるんです。

何で蒸かし茄子が嫌いだったんだろう...今から考えると、蒸かした
後の茄子の色が嫌いだったのかも。

だって、茄子ってあの濃紺の色が魅力でしょ?
ナス漬けだって、どうしたら色よく漬けることができるか腐心する
くらいなんですもの。

それなのに、蒸かし茄子ときたらあの綺麗な濃紺の色はどこへ...
ってくらい、色あせた茶色の茄子になってしまうんですから。

でも、まあいいか!!

考えてみたら、きょう結婚して初めて蒸かし茄子を作ってみました。

亡くなったおばあちゃんがよく作ってくれた蒸かし茄子。

おばあちゃんの蒸かし茄子は、生姜醤油で食べたのですが、私は
生姜以外の薬味もたっぷりとのせました。
そして、醤油ではなく私の大好きな「創味のつゆ」でいただきました。

蒸かし茄子は蒸かしたての熱々で食べてもいいし、冷蔵庫にギンギンに
冷やして食べても美味しいんですよ。

うーん、懐かしい蒸かし茄子、また近いうちに作ってみよう!!