2009年4月26日

炒りカブならぬ炒り大根

IMG_5083.jpg

私達の地方には、カブを酒粕と味噌とで煮た「炒りカブ」という
料理があります。

炒ったりする料理でないのに、何で炒りカブなのかな...?と昔から
不思議に思っていましたが、最近は「まあ、名前なんてなんでも
いいや、おいしければ・・・」と考えるようになりました。

先日、炒りカブならぬ炒り大根を作ってみました。

そう、カブのかわりに大根を使ってみたのです。

普通は粕と味噌とで煮るのですが、今回は大根を茹でて、粕と
味噌を煮とかした中に混ぜ込みました。
ついでに砂糖もちょっと加えてみました。

粕煮の中に砂糖をいれたこの「炒り大根」とても懐かしい味になりました。

と言うのも、せがれが小さい頃、超偏食児だったものですから、何とか
旬の冬菜を食べさせたいと考え、甘みがあればその甘さにごまかされて
食べてくれるのでは・・・と砂糖を入れた粕煮を作ったのです。

案の定、砂糖の甘みにつられてせがれは粕煮を食べるようになったの
ですが、最近は粕煮の中に砂糖を入れることなんてなくなっていました。

思ったよりも美味しくできた炒り大根、また近々作ってみようと思います。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kitchentool.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1950

コメント[2]

こんにちは

味噌汁に酒粕と味噌を入れて飲む事はありますが
炒りカブって初めて知りました。
ところが変わると、お料理も変わるのですね。

餃子の焼き方なのですが、ホットプレートを使うと
俄然美味しく焼けます。
最後、蒸し焼きにして水分がほとんど無くなったら
蓋を取って、水分を蒸発させます。
そうしている内に、餃子の鉄板についている部分に
膜が出来てきたら、お食べごろです。
フライパンでは、味わえない焼き上がりになりますよ。

同じ新潟県でも、地域が異なるとお料理が全く
違ってくることに、どらさんとのやりとりで実感
させられます。
ところで、餃子の焼き方のアドバイスありがとうございます。
私はほんとうに餃子を焼くのが下手くそで・・・
今度絶対にホットプレートで試してみます。

コメントする