2009年4月28日

雨の日曜日

雨の日曜日。
何もすることがなくて、たった一人で過ごした日曜日。
うーん、これって寂しすぎる!!

そこでお友達に電話。
「ねえ、ねえ、お夕飯食べに来て、一緒に飲もうよ♪」
せがれにも電話。
「ねえ、こせがれを連れてお夕飯食べに来ない?」

だって、テレビの番組はつまらないものばかりだし、本を読もうにも
最近は目が疲れて・・・

IMG_5103.jpg

最初に用意したお料理は、お肉は食べれないけど、ひき肉料理なら
OKというお友達のためにまたまた煮込みハンバーグを作りました。
きょうは野菜も一緒にデミグラスソースで煮込みましたよ。

IMG_5106.jpg

次なるお料理は先日「はなまるマーケット」で見た春キャベツの
お料理。
春キャベツの間にベーコンを挟み込んで、粉チーズをふりかけ
オリーブオイルで焼きました。

せがれがまた憎たらしいことを言います。
「何でこんなに食べにくい料理を出すの?」
「何言ってんの?おいしければそれでいいでしょ?」
「まあ、まあ」とお友達が仲裁に入ります。

IMG_5108.jpg

これ、私的にはすっごくおいしかったんだけれど・・・
まぐろと長いも、アボカド、それにトマトと水菜のサラダです。

IMG_5110.jpg

これは以前にも紹介したizumimirunさんのもっちり豆腐。
あまりに美味しいので、何度も何度も作っていて、今や我が家の
定番料理になっています。

IMG_5112.jpg

せがれは「久し振りに刺身が食べたい!」と言う我が亭主殿の要求に
応えてたっぷりのお刺身を持参してくれました。
何でこんなに食べきれないくらいのお刺身を持ってくるの?
もったいないでしょ?」と私の小言がはじまります。
散財をして叱られたんじゃ、考えてみればせがれも可哀想です。

IMG_5113.jpg

いつまでもイジイジとお酒を飲んでいると、さっぱりしたものが食べたくなるので
ステック野菜も用意しました。
その他には、かまぼこに大葉と梅肉をはさんだもの。
これがさっぱりして、けっこう美味しいんですよ。

こうして寂しい日曜日も、終盤はとても楽しいハッピーな日曜日に
変わっていきました。

2009年4月26日

炒りカブならぬ炒り大根

IMG_5083.jpg

私達の地方には、カブを酒粕と味噌とで煮た「炒りカブ」という
料理があります。

炒ったりする料理でないのに、何で炒りカブなのかな...?と昔から
不思議に思っていましたが、最近は「まあ、名前なんてなんでも
いいや、おいしければ・・・」と考えるようになりました。

先日、炒りカブならぬ炒り大根を作ってみました。

そう、カブのかわりに大根を使ってみたのです。

普通は粕と味噌とで煮るのですが、今回は大根を茹でて、粕と
味噌を煮とかした中に混ぜ込みました。
ついでに砂糖もちょっと加えてみました。

粕煮の中に砂糖をいれたこの「炒り大根」とても懐かしい味になりました。

と言うのも、せがれが小さい頃、超偏食児だったものですから、何とか
旬の冬菜を食べさせたいと考え、甘みがあればその甘さにごまかされて
食べてくれるのでは・・・と砂糖を入れた粕煮を作ったのです。

案の定、砂糖の甘みにつられてせがれは粕煮を食べるようになったの
ですが、最近は粕煮の中に砂糖を入れることなんてなくなっていました。

思ったよりも美味しくできた炒り大根、また近々作ってみようと思います。

2009年4月23日

久し振りのグーラッフランチ

先日、久し振りにグーラッフにランチに行ってきました。

IMG_5085.jpg

まずはトマトのプルスケッタ。
大好きなメニューなんです、私の。

IMG_5087.jpg

スープはミネストローネ。
野菜とトマトの入っているスープで、じゃが芋の裏ごしがとっても
やさしい味に仕上がっている。

IMG_5090.jpg

パスタは菜の花とベーコンのカルボナーラ。
手打ちのパスタです。
パスタは4種類から選べるようになっているのだが、私も主人も
そろってこのカルボナーラをチョイス。

IMG_5093.jpg

デザートは4種類。
クラシックショコラとベークドチーズケーキ、ヨーグルトムースと
越後姫のソルベ。
それにコーヒーか紅茶がつく。

自分の息子だから、味の好みは似ていると思うけれど、
私はこの息子の作るお料理が好き♪

デザートはこうしぇママがいっしょうけんめいに作ります。

こうせしぇは、お休みの日にデザート作りのお手伝いを
したがるのだとか・・・
こうしぇも将来は、グーラッフの厨房に立っているのかも?

そしたら、しょうこばあばは毎日グーラッフに通い詰めなければ
ならないかもしれませんね。

2009年4月21日

春の香りいっぱいの食卓

IMG_5074.jpg

きょうのメインはスープ餃子。

餃子を焼くのが下手くそな私は、こんなスープ餃子でごまかしを。

作り方はいたって簡単。
市販の鶏がらスープの素と塩、こしょうをいれたお鍋に餃子とワカメ、
それにコーンを入れ、仕上げにネギを浮かべただけ。

IMG_5077.jpg

スープ餃子だけではあまりに寂しいので、いただきもののセリを
たっぷりと使って、セリの煮物を。

セリの強い香りが、春の香りそのもののようで大満足。

昔、義母がセリを入れたおだんごを作ってくれ、それが私もせがれも
大好きだったな♪
今は食べれない、懐かしい味。

IMG_5079.jpg

これまた、いただきもののウド。
掘りたてのウドは柔らかく独特の苦みがなんとも美味しい。

IMG_5081.jpg

ウドの先っぽは天婦羅でいただきます。
他には、あく抜きをしておいた筍もいっしょに天婦羅に。

材料を使いまわして、いろいろなお料理を作るのは、頭の体操にも
すっごくいいと思うから、毎日、冷蔵庫の中身とにらめっこをしながら
お夕飯の支度をしています。

2009年4月20日

今度のしょうこ居酒屋の献立は・・・

IMG_5056.jpg

土曜日、またまたお友達が我が家に来て、しょうこ居酒屋の
開店と相成りました。

きょうのお客様は、超偏食でお肉もお魚も食べれない人。
ただし、ビールさえあれば他には何もいらないというので、楽と
言えば楽なのですが・・・

IMG_5058.jpg IMG_5060.jpg
IMG_5065.jpg
IMG_5062.jpg IMG_5064.jpg

お肉は食べれないのですが、ひき肉だけは食べれるんです、彼女は。
そこでひき肉料理を3種メインにしました。
一品目はナスのはさみ揚げ。次に餃子。それからこの間作って
おいしかった肉団子のあんかけ。

餃子を焼くのは、すごく苦手なんです、私。
きょうも焦げてしまったのに、何故かべちゃっとしてしまった餃子(泣)

「私、これだけでいい。」と肉団子だけをパクパク食べる彼女。
えーっ、それってすごく傷つく・・・

他には切り干し大根を煮たものと、カブのサラダ。

カブのサラダには、先日ギリシャを旅行してきた友達からお土産に
もらったオリーブオイルを使いました。
このオリーブオイル、おいしかった♪

料理がたいしたことがなくても、ビールと楽しい会話があれば
それで十分楽しい時間が過ごせるんです。

今度はいつしょうこ居酒屋を開店しようかな?

2009年4月15日

肉団子のあんかけ

IMG_5054.jpg

先日、餃子を作った具がちょっとづつ余っていました。

ひき肉がちょびっととキャベツ、にら、ネギ、生姜。
にんにくはありません。
これらの野菜を細かく切って、ひき肉に混ぜ混ぜしました。
つなぎには卵と片栗粉。

材料をよく練って丸め、沸騰した湯に入れ5分ほど茹でます。

それを茹で汁と砂糖、酒、醤油を煮立てた中に入れ、更に煮込み
ます。
味が滲みたら取り出し、煮汁に片栗粉でとろみをつけ、掛け回します。

帰宅した旦那に「きょうは晶子オリジナルの料理で、大ヒットの
美味しさだよ。もう、待ちきれずに飲んじゃった。」と大法螺をふきました。

だんさんは「いっつもいっつも大ヒットらね。また自己満足の料理らか。」

フン、おっしゃりたいことはそれだけ?
本当においしいんだから・・・

「ね、ねっ、おいしいでしょ?」
私は旦那が美味しいと言うまで、しつこく繰り返します。

旦那はテレビに集中したいんでしょうね、いいかげんになったら
「ああ、うんめー!」と言います。
この絶妙のタイミング。
これで私の「おいしい?」と言う質問攻めはおしまいになり、
めでたし、めでたしという決着になります。

2009年4月14日

変わり映えのしない献立で・・・

IMG_5051.jpg

帰宅するなり、冷蔵庫の中身の確認をし献立を決める。

じゃが芋、人参、玉葱はごろごろしている。
それから豚の三枚肉に塩鮭、うん、きょうはこれを使おう♪
そうそう、冬菜とカブ菜を茹でたものもたっぷりとスットクしてある。
あっ、忘れちゃいけない、筍もアク抜きしてあるんだ。

新じゃがと新玉葱、人参、そして豚三枚肉を使って、今夜は肉じゃが。
でもきょうの肉じゃがは、この間テレビのお料理番組で見た味噌とソース、
それにトマトやバターを入れた新食感の肉じゃが。

トマトは生のものがプチトマトがちょっとだけしかなかったので、缶詰の
ホールトマトを利用。
バターもなかったので、マーガリンを使ったけど、なかなかの味に仕上がり
大満足。

たっぷりの冬菜は粕煮といつものようにおひたしに。

筍はしょうゆとマヨネーズで和えて、彩りにカブ菜を加えました。

後は塩鮭を焼いて、おしまい。

うーん、やっぱりいつもと変わらない献立でしたが、毎日のことですもの
仕方ないですね。

2009年4月12日

満開の桜のもとで

このところの陽気で、桜も一気に開きました。

きょうはお天気も上々で、家族皆でお花見をすることにしました。
家からすぐ近くの弥彦の公園でです。

IMG_5017.jpg

公園に着くなり、こうしぇとこせがれは早速遊び始めます。

IMG_4995.jpg

もちろん大人は早速宴会の準備です。
まずは、せがれの作ったチャーシュー。
これが意外と柔らかくて美味しいんです。

IMG_4997.jpg

何か、肉、肉になってしまったけれど、鶏のから揚げと、母の
作った豚のケチャップ煮。

IMG_5000.jpg

これまた母の作った卵焼き。
皆がこの卵焼き、大好きなんです。

IMG_4998.jpg

おにぎりも作りましたよ。

IMG_4999.jpg

きょう都合がつかなくて参加できなかった母が、五目おこわも
作ってくれました。

IMG_4996.jpg

漬物やデザートの用意もあります。

この他に温かいものも皆が喜ぶかな...と思って、豚汁と
こんにゃくおでんも作りました。

でも、例によってまた写真を撮りわすれて・・・

IMG_5008.jpg

犬を連れて散歩に来ていたリエコさん夫婦とお友達も加わって
賑やかな宴会になりました。

しんちゃんは、リエコさんの連れてきた犬に興味深々。
恐々そっと触ってみます。

IMG_5041.jpg

きょうは弥彦の湯祭りも行われ、大勢の人で賑わいました。
私達も初めて見るお祭りです。

IMG_5037.jpg

笹でお湯を掛けてもらい、ちょっとびっくりのしんちゃんでした。

3人の孫達はたっぷりと汗をかくほど遊び、楽しい一日だったと
思います。

また主人の口癖がはじまります。
「何事があろうと、こうして子供や孫達と一緒に楽しく過ごせて
幸せだな・・・」と。

2009年4月11日

さっさと肴

「ただいま」「おかえり」といつもの会話。
でも気持ちの中では、「えっ、なんでこんなに早いの?困る!!!」

こんなことって、ありませんか?

IMG_4981.jpg

「ちょっと待ってね。きょうはいろいろもらい物の野菜があって、今
その始末をしていたの。」

でも、帰るとすぐに飲みたい彼の気性は誰よりも熟知している私。
さっさとできる肴を何か作ってごまかすしかないか。

IMG_4984.jpg

まずは本町のきゅうりとあさづき。
きゅうりは花がついていてイボイボが痛いくらい新鮮なもの。
味噌をつけただけで、極上の肴になります。

IMG_4985.jpg

アボガドを梅肉とおかかで和えたものを誰かブログで紹介していたっけな。

早速真似っこ。うーん、おいしい♪

IMG_4987.jpg

これは栃尾の油揚げ。
さっと焼いて、納豆とネギをのせ、醤油をかけまわしていただきます。

IMG_4990.jpg

きょうたっぷりといただいた冬菜。
きょうは何回、この冬菜を茹でただろう。
使い切れない分は冷凍保存するとして、さしあたりシンプルにおひたしに。

私はおかかをのせて醤油で食べるのが好きなんだけれど、彼はマヨネーズ
醤油をかけて食べるのが好き。

それぞれのお皿に取り分けてから、好きなものをかけていただきます。

IMG_4991.jpg

この冬、ネギが大豊作だったんですって。
それで冬の間中、たっぷりとネギをいただいたのですが、ここに来て
またいろいろな所からネギが集まってきます。

きょうはその食べきれないようなネギをたっぷりと使って、ごま油で
炒め、ツナ缶を加え、醤油を回しかけました。

これも簡単なのに、とってもおいしいんですよ。

IMG_4993.jpg

はてさて、冬菜はおひたしだけでは食べきれないから、筍と豆腐を
加え、またまた卵とじを作りました。

私としては、短時間でよくもまあ、これだけの肴を作ったわい・・・と
自分で自分を褒めてあげたいくらいのものだったのですが、亭主が
「あーあ、きょうは肉も魚もないんだね。」ととってもがっかりしたように
言いました。

確かに・・・確かに・・・

よくよく考えてみたら、きょうの献立に動物たんぱくはひとつも使われて
いませんでした。

ごめんなさい。

2009年4月 7日

賑やかな持ち寄りパーティ

お友達のひとりがこの3月でめでたく定年退職をしました。

そこでいつものメンバーで彼の退職を祝う会を開くことになりました。
ハイ、もちろんいつもの持ち寄りパーティです。

集まったのは7組の夫婦、つまり14人です。
お料理は一人一品。14品のご馳走が集まりました。

IMG_4949.jpg

「おいおい、切っただけのものでは料理とは言わないんだれ。」と常に
からかわれているKさんがナント、ナント酢豚を作ってきたんです。

「わー、すごい。頑張ったね。」と皆がびっくり。

IMG_4951.jpg

揚げ物は大体Nさんが持ってきます。
アッと言う間に箸が出て、「ねえ、ちょっと、ちょっと、写真を撮るまで
待ってよ。」と私が文句を言います。

IMG_4952.jpg

これはAさんの奥さんの作品。
関西の方なので、お上品な薄味です。

IMG_4954.jpg

カニ鍋を作ったMちゃん。
「あー、私まだカニ食べてないのになくなる。」
「もたもたしているっけらて。」

私はおしゃべりが多すぎるからなのか、食べるのが遅いんです。

IMG_4953.jpg

「ねえ、大根だけ煮たって誰も食べないじゃない。それなのに
あんたが作れって言うから・・・」

おっとっと、夫婦喧嘩が始まりそうな雰囲気に・・・
よその家でも我が家と同じようなもんなんだな。

IMG_4957.jpg IMG_4956.jpg

「まあ、まあそう言わんで、ほらこの色っぽいとっくりで
酒でも飲んで。」と仲裁する人ありで、おもしろい。

でも一番この日よかったのは、退職をした人の挨拶。

「私が無事に勤め上げられたのは、妻のN子のお陰です。」
うーん、長年夫婦をしているとお互いきちんとした感謝の気持ちを
なかなか口にできないものですが、彼は立派だった。

私もいつか「これも晶子のおかげです。」と言ってもらえる日が来るかな?

そうそう、写真を撮っている暇がなかったのですが、私が持ち寄った
お料理は煮込みハンバーグと筍おこわでした。