2009年3月15日

大好き♪〆鯖

IMG_4854.jpg

私の亭主殿は大の〆鯖好き。
私も亭主の好きな赤烏帽子ということで、まあまあ好きかな?

「刺身が食いたい。」と言ったことのない亭主殿が、時々「あーあ、
〆鯖が食いたい。」と言うのです。

そこで真空パックの〆鯖を買い置きしておきます。
これでもか!!と言うくらいに盛り付けても、アッと言う間にたいらげて
しまいます。
ほんとうに好きなんですね。

ところで、以前たびたび通っていた居酒屋にきのうせがれ夫婦から
連れて行ってもらいました。

その居酒屋に行くと、亭主殿は必ず「〆鯖2人前、いや3人前!!」と
注文するのです。
きのうも亭主殿は「〆鯖2人前ね。」と注文しました。

ところがアルバイトの女の子が注文を間違えて、刺身の盛り合わせ
2人前運んできたのです。
あーあ・・・

それなのに亭主殿もせがれも「いいよ、いいよ、このまま置いて行っても
いいよ。」と言うのです。

私は「あーあ、マスターがこれを知ったら嘆くだろうな。」と思いました。
だって、だって、マスターは久し振りに姿を見せた私達を涙を見せんばかりに
喜んだのですから。
きっと「〆鯖2人前」と言う注文を待っていただろうに・・・と。

アルバイトの女の子も私達も注文の間違いをマスターに伝えませんでした。
マスターは「またきっと来てくださいね。」と見送ってくれました。

私はまた近いうちにマスターに「〆鯖ふたつ!!」と大きな声で注文を
しに行こうと思っています。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kitchentool.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1927

コメント[4]

こんにちは!

>亭主殿もせがれも「いいよ、いいよ、このまま置いて行ってもいいよ。」と言うのです。

う~ん、解る解る、お二人はそういいますよね!

>「あーあ、マスターがこれを知ったら嘆くだろうな。」と思いました。
だって、だって、マスターは久し振りに姿を見せた私達を涙を見せんばかりに喜んだのですから。

これはもっと解る!本当に晶子さんらしい!
バイトの女の子にとっても、マスターにとっても、今後のお客様にとっても、お店のためには重要なことですよね!
報告・連絡・相談・・・
人の繋がりの重要性は必須ですね!
私も昔、晶子さんから学んだ一人として!

次回は我が家に聞こえる位に大きな声でオーダー願います。
飛んでいきます!(せがれのおごりで?)


宮崎にきて、砂糖どっぷりの醤油にしめさばつけて食べる、というのを知りました。
私は・・ふつうのお醤油だけでいいです。

晶子さんのブログとリンクさせていただいていいですか?

AIDAさん

年をとってきたら、要らぬおせっかいが多くなったんです。
でも、それもほどほどにしないと…と思って間違ったオーダー
のことは私も知らんふりしていました。
おいしく楽しく食べて飲んでおしゃべりができたんだから
まあいいか♪と言う感じです。
今度、AIDAさんと一緒に〆鯖食べに行きたいな。

あらんだまさん

主人に「宮崎では〆鯖を砂糖醤油で食べるんだって。」と
教えたら「じゃあ今度そうやって食べてみよう!」ですって。
本当に所変われば食べ方もいろいろなんですね。

ところでリンクの件、こちらこそよろしくお願いします。
私もせがれに頼んでリンク貼ってもらいます。
今、せがれが熱を出して具合が悪いのでちょっと待って
いてくださいね。

コメントする