2009年2月26日

ポークピーンズ

IMG_4822.jpg

保育園の給食のなかでも、好物のもののひとつにポークピーンズ
があります。
ケチャップ味の料理はあまり好きではないけれど、これだけは別。

だけど1回も自分では作ったことがありませんでした。

今回、減反の田んぼで作った大豆をいっぱいもらったからと、
お裾分けのまたお裾分けをもらいました。
かなりの量の大豆だったので、いろいろなものを作って楽しめると
まずはポークピーンズに初挑戦した次第です。

鍋にひとつたっぷりと出来上がったポークピーンズをせがれ夫婦にも
食べさせました。
二人とも「あっ、懐かしい味だ♪」と喜んで食べてくれました。

いっぱい作り過ぎたので、何食も食べたのですが時間が経ち、
煮返せば煮返すほど味が滲みておいしくなりました。

今度はこの大豆でサラダを作ろうかな?それとも五目煮豆でも
つくろうかな?と思案中です。

2009年2月23日

こうしぇにいちゃん、おめでとう♪

ぼく、シンちゃん。
きょうはこうしぇにいちゃんのお誕生会なんだ♪

IMG_4844.jpg

ママは朝からお店の仕込みのお手伝いやお兄ちゃんのお誕生会の
ご馳走作りで忙しいから、いい子にしているんだ。
こうしぇにいちゃんのせっかくのお誕生会なのにこせがれにいちゃんが
風邪でダウン。
ちょっと寂しいな。

IMG_4838.jpg

♪ハッピーバースディツウユー・・・♪こうしぇにいちゃんがママの
作ったケーキのローソクをフーッしたんだよ。

きょうのご馳走はこうしぇにいちゃんが食べたいもののリクエストを
聞いてママが作ってくれたんだよ。

パパはこの間、テレビでグーラッフが紹介されたために、すっごく
忙しくて、こうしぇにいちゃんのお誕生会の時間になってもお仕事が
終わらなかったんだよ。

でもじいじもしょうこばあばも頑張りなさいとパパにハッパをかけて
いたよ。
もちろん、パパも大張り切りだったけどね。

あーあ、僕が食べたいのはステックきゅうりだけだけど、とにかく
こうしぇにいちゃん、満5歳のお誕生日おめでとう♪

2009年2月22日

えっ、二度と食べたくない??

IMG_4818.jpg

我が家の主人は大の卵好き。
毎日卵が食卓に並ばないとブーブー文句を言います。

ところが・・・

せがれがこんなショッキングなことを言うのです。

「きのうさー、AIDAさんたちと目玉焼きは塩で食べるか醤油で
食べるかの話で盛り上がってさー。」
「それで、それで?」
「うん、オレどっちでもいいけど目玉焼きは一生食わんてもいいと
言うたら、皆がたんまげていた。(びっくりしていた)」
「そりゃそうだ。」
「そんが言うても、小さいときにあれだけ毎日、毎日食わされて
いたんだれ。
そしたら皆がそりゃ目玉焼きが悪いんじゃなくて、晶子さんが
悪いって言っていたれ。」
「えーっ、それってちょっとひどいんじゃない。」
「でも情熱丼もみんな晶子さんが悪いって言っていたれ。」

この話を黙って聞いていた主人は「オレは今でも毎日目玉焼き
でもいいれ。」と。
「ほーら、、私が目玉焼きしか作れなかったんじゃなくて、大事な
亭主殿の要望だったんだから仕方ないろ。」と私は必死に弁解。

食べ物の好みを子供に合わせる家庭が多いようですが、私は
亭主の好みに合わせて、ずっと食事を作ってきました。
「誰のおかげでおいしいものが食べれるの?学校へ行けるのも
パパが一生懸命に働いてくれるからだよ。」と子供には無理やり
納得させていました。

うーん、これってどうなんでしょうね?

皆さんはどこに焦点を合わせて、毎日の食事作りをしていますか?
亭主に合わせて、子供の好みは二の次って言う私のような考えは
珍しいんでしょうか?

2009年2月15日

またまた週末しょうこ居酒屋オープンです

時々、我が家にお友達が集まって飲み会をします。
お料理担当は私。
集まってくる人たちは、飲み物持参でやってきます。
もちろん、たっぷりめに持ってきてもらうので大助かりです。

飲むほどに食べるほどに賑やかになって、まるで居酒屋で
飲んでいるような状態になります。

昨日もしょうこ居酒屋オープンのような感じでした。

IMG_4756.jpg

お料理担当のしょうこはお刺身の用意はしないので、食べたかったら
自分で用意するように、お客に言います。
お持たせのお刺身を私は皿に移し変えるだけ。

おまけに「サーモンは私が大好きだから、全部私が食べるからね!」
これも気のおけない仲間だからこそ言える我儘です。

IMG_4758.jpg

きょうの私の一押しはこれ。
この間、1匹38円だった解凍サンマがきのうは33円で売っていました。
こんな安いもの買わないわけにいかないでしょ。

3枚におろして、大葉と叩いた梅肉を巻き込んで、油に揚げて完成。
熱々を食べたら、とても33円のサンマと思えないほど、おいしかったです。

IMG_4760.jpg

さっぱりしたものも食べたくなるので、カブのサラダを用意しました。
塩、胡椒をしてオリーブオイルを回しかけただけの超簡単サラダです。

IMG_4763.jpg

そしてこの季節に欠かせないものはやはり鍋。
白菜と豚三枚肉の薄切りを交互に重ねて大きく切り、それを
鍋にぐるりと並べました。
味付けは、たっぷりの酒とみりん、そして醤油のみ。
ただ丹念に、浮いてくるアクをしつこいくらいに掬い取りました。

「うーん、これ美味しいよ。」と言ってもらい、思わずニタリでした。

昨日持参してもらった飲み物の中に、手作りの梅酒があって、
それがすごくおいしかったので、今年は私も梅酒作りに挑戦
しようと思います。

美味しいものを食べて飲んで、うーん、最高に幸せ。
明日への活力が湧いてきます。

2009年2月14日

手作りチョコレートプリン

きょうはバレンタインデー。

去年までは義理チョコを配りまくっていたけれど、今年はそれもなし。
私は割りきりが早いのでそれでもいいのですが、毎年いくつも義理チョコを
もらっていた主人は寂しいバレンタインデーになるのかな・・・?とちょっと
心配していました。

でも、来ました♪
主人のところにも義理チョコが。
良かった!!
ほんとうに良かった!!

ところで話はガラリと変わりますが、きょうのバレンタインデーにちなんで
昨日保育園で、調理師さんたちが手作りのチョコレートプリンを作って
くださいました。

子供達も大喜びです。

IMG_4751.jpg

まずはデコレーションの苺をパクリ。
満足そうな子供の顔をお見せできないのが残念です。

IMG_4753.jpg

手作りチョコレートプリンの全容はこれ。

子供達と全職員の数だけ作るわけですから、調理師さんもたいへんです。

でも、このおやつを見た子供達の「わー」という歓声と笑顔を見れば、
苦労も吹き飛んでしまいますね。

私も、いつもおいしい給食を作ってくださる調理師さんたちに感謝、感謝です。

おかげで素敵なバレンタインデーを過ごすことができました。

2009年2月11日

あんまり美味しかったから、またきょうも♪

IMG_4740.jpg

あまりの美味しさに二日連続で作ってしまったご馳走です。
まあご馳走と言っても、超節約レシピでお財布にやさしいのも
魅力です。

実はきのう急に友達が来て、我が家で飲み会をしました。
なにしろ急だったものですから、ありあわせの材料で何品か
作りました。
出来上がった料理がちょっと物足りないな・・・と思ったものですから、
サッサーとできる何かないかなとizumimirunさんのブログにお邪魔
しました。

そして作ったのがこれ、「あまり野菜で作る☆もっちり豆腐」

「うーん、おいしい♪」
友達夫婦も主人も大満足です。
もちろん私も。

それであんまり美味しかったから、またきょうも作ってしまった
という訳なんです。

明日も・・・まさか三日連続というわけにはいかないけれど、また
近々作ろうと思います。
私のレパートリーにしっかりと組み込んでしまわねければ!!

2009年2月 9日

春の香りを味わう

「香りを味わう」これって、正しい日本語なのかな...?とは
ちょっと思ったけれど、蕗のとうの天婦羅はまさに春の香りを
味わう以外の何ものでもないと思います。

IMG_4736.jpg

「蕗のとうをいっぱいもらったから取りに来ない?」と
いう電話に、大喜びで母のもとに飛んで行きました。

「もうこんなにいっぱい蕗のとうが出ているんだね。」
可愛らしい蕗のとうを手にして、私はワクワクでした。

新潟の冬は毎日毎日、暗い空から冷たい雨や雪が降ってきて
うんざりしてしまいます。
だから春の訪れの兆しを感じられるものには、愛しささえ感じて
しまうのです。

春が近いと思うだけで、気持ちが浮き立っておしゃれもして
みたくなります。

子供の頃は、スカートをはきたいと言って母を困らせました。
タイツなんて無い時代でしたから、ももひきの上にスカートを
はかせられて恥ずかしい思いもしました。

今でも、この時期になると明るい色の口紅をつけたくなります。

♪春よこい、早くこい♪まさにこの歌と同じ気持ちになるのです。

でも、この春の使者のような蕗のとうはほろ苦い味がするのです。
まさに今の私の人生のようなほろ苦さ。

ほろ苦い味は春の訪れの印・・・そう思えば、私の人生にも
これから楽しい春が訪れるのでしょうか。

2009年2月 5日

焼き肉屋のおばちゃん、大好き♪

ママがいないこせがれ。
すっごいママっ子なのに、寂しいはずなのに、すごくいい子に
なってお留守番をしています。

そこで「きょうはこせがれの大好きなおばちゃんの所に行って
焼き肉にするか。」とせがれが提案しました。

もちろん私もこせがれにも異存があるはずがありません。

こせがれの大好きなおばちゃんとは、吉田の焼き肉屋「いぶしや」の
奥さんのことなのです。

「いぶしや」に入るなり、厨房の方をめがけ大好きなおばちゃんの
姿をさがします。
そしておばちゃんの姿を認めると、ニコッ!!

もちろん、おばちゃんだけでなく焼き肉も大好きですよ。

IMG_4723.jpg

まずは私の大好きな牛タンとこせがれの好物の鶏の塩焼きを
チョイス。
黙っていても「これをお使いください。」とハサミが出てきます。
こせがれが食べやすい大きさにお肉を切るためのハサミです。

IMG_4731.jpg

私は誰が何と言ってもカルビが一番好き♪
だってビールによく合うんですもの。
ホルモンやハツなどの内臓系をせがれは食べるけど、私は苦手。

IMG_4733.jpg

せがれの大好物は、牛刺し。
酔うほどに食べるほどにせがれとの会話も弾みます。

「おしっこ。」とこせがれ。
「ばあばが一緒に行こうか?」と言う私に「ううん、おばちゃんと
行く!」
おいおい、おばちゃんはお仕事があるだろうが...と思うけれど
こせがれはおばちゃんの手をひいてトイレへ。

寂しさを必死で我慢するこせがれ。
こせがれの明るさが救いのばあばとパパと3人の焼き肉でした。

「今度はじいじも一緒に来ようね。」と可愛いことをいうこせがれ
です。

2009年2月 3日

ふー、やっと完食

きょうは節分。
なんて時間が、そして季節の過ぎるのが早いんでしょう。

IMG_4712.jpg

近年、節分に恵方巻きをまるかぶりするのが一般的になって
きましたね。
商業ベースにのせられて・・・と思っても、縁起をかついで私も
やりましたよ、まるかぶり。
でも1本まるまる完食するのは、かなりたいへん。
お腹がぱんぱんになってしまいました。

IMG_4703.jpg

3日は節分で明日4日は立春。
雪も融けて、春近しという感じがしないわけでもありません。
この時期、美味しくなるのが「冬菜(とうな)」です。
きょうはおひたしにして食べました。

IMG_4711.jpg

そして大きな大きな大根をもらったので、コトコト煮込んで
ふろふき大根を作りました。
柚子の香りたっぷりの甘味噌をつけていただきます。
まだまだこの季節、あったかいお料理が何よりのご馳走です。

きょうはママがいなくて寂しい思いをしているこせがれと一緒に
豆まきをしました。
鬼の面をかぶったせがれに向かって、「鬼は外、福は内」と
大きな声で叫びながら、二人でいっぱい豆を投げました。
何年ぶりの豆まきでしょう。
「また明日豆まきをしようね。」とこせがれに約束させられて
しまいました。

こういった季節の行事は大事にしていきたいものですね。