2009年1月 8日

昆布巻き

昆布巻きと言うと、私の記憶の中に「昆布巻き、いらんかね~」と
いう潰れたような甘い独特の呼び声が甦る。

小さなリヤカーに四角いアルマイトの箱を積み、昆布巻きをいっぱい入れて
売り歩く女性の声だ。
そう、小学校の窓の外から聞こえてきていた昆布巻き売りの声。
昭和の情景のひとつなのだろうか?

「昆布巻きいらんかね~、昆布巻きいらんかね~」

その昆布巻きは、魚のアラが巻いてあったと思う。

私も時々、思い出したように昆布巻きを作ることがあるが、鮭を
巻いたものが一番好き♪

だけど、子供が(特にせがれが)魚を巻いた昆布巻きを好まなかったので、
子供向けに豚の三枚肉の薄切りを巻き込んで昆布巻きを作ったものだ。

IMG_4653.jpg

その昆布巻きが久し振りに食べたくなったので、作ってみた。
肉と昆布が渦巻きのようになって、ちょっと変わっている昆布巻きでしょ?

昆布からもお肉からもおいしい出汁がでるので、車麩と大根、人参も
一緒に煮てみた。

ことことことこと、しつこいくらいに長時間煮込んだので、味が滲みて
とっても美味しくなった!!

まだ昆布が残っているので、今度はその昆布を使って、五目煮豆でも
煮てみようかな。
また、しつこいくらいにことこと煮込んで...

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kitchentool.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1897

コメント[2]

晶子さん
私も魚をまいた昆布巻きは得意じゃなかったのですが、年をとってきたら、おいしいなあ、って感じるようになりました。
年とともに、味覚がかわりますね。
晶子さんのは、いっつも、なんでも、おいしそう!
近くだったらなあ・・・。

あらんだまさん

やはり人間の嗜好って年とともに変わって
いきますよね。
私は最近「私っていつからベジタリアンに
なったのかしら??」と思うくらい、さっぱりと
したものや野菜が主体のお料理に変わってきました。

私もあらんだまさんのご近所だったら、いい刺激を
いつもいっぱいいただけるのに…と思います。

コメントする