2008年12月30日

ブリ大根

IMG_4619.jpg

きょうも大根、明日も大根と言うメニューが続いていますが、
きょうはブリ大根でした。

実を言うと、私、ブリ大根ってあまり好きじゃなかったんです。
だって、すごく生臭い感じがして・・・

でも、きょうのブリ大根はとっても美味しかったですよ。
しっかりと下処理をして、ブリの臭みを抜いたから。
更に生姜を入れて、更に更に、柚子を入れて、しっかりと
臭みを抜きました。

蛇足ですが、柚子の皮をすりおろした後のものは捨てずに
お風呂に入れて、柚子湯を楽しみました。

何でも手を抜いちゃだめなんですね。

改めて、料理は手を掛けるか、金をかけるかのどちらかだと
言う私の持論を再認識した次第です。

2008年12月27日

煮菜(にな)

この時期の新潟の代表的なお惣菜、郷土料理と言えば
煮菜(にな)です。

煮菜とは、冬の間の保存食として塩漬けされた「たい菜」を使った
お惣菜です。

煮菜はそれぞれの家庭によって、味も中に入る具も全く違ってきます。

私の作る煮菜は昔の人に言わせると、ちょっと邪道かもしれませんが
我が家好みの工夫がしてあります。

IMG_4605.jpg

普通、煮菜に入る具には「打ち豆」「油揚げ」「しらたき」などが
一般的です。
味付けは、味噌と酒粕です。

同じ新潟県でも、地域によって煮菜は全く違う料理になります。
もちろんその家庭、家庭によっても味が違うので、お嫁に言った時は
嫁ぎ先の煮菜の味に慣れるのに、一苦労しました。

私も嫁いだ当時は、母の煮菜の味が恋しくて恋しくてどうにも
なりませんでした。
でも母の煮菜を作ると、主人が満足しなくて・・・

こうしたいろいろなジレンマを乗り越えて完成させたのが、
しょうこばあば風の煮菜です。
私の煮菜には実にいろいろな具が入るんですよ。

だって、物の無い昔の新潟の冬とは違うんですもの。
今は流通も充実しているし、冷蔵庫も完備しているのですから。

きょうの煮菜の中に入った具は「しらたき」「ごぼう」「人参」「里芋」
「豚肉」「えのき茸」「しみじ茸」

少しずつ入れたつもりが鍋たっぷりになってしまいました。

しばらく毎日この煮菜で楽しめそうです。

2008年12月23日

今夜はおでん

朝口は日も射して、12月の新潟としてはとっても良いお天気だったのに、
昼頃からお天気が急変。
とっても寒くなりました。

IMG_4594.jpg

そこで...という訳ではないのですが、今夜のお夕飯はおでんにしました。
寒い日にはあったかいものが一番のご馳走です。

実はこのおでん、昨日に食べる予定だったのですが、昨日はせがれ
ファミリーがご馳走をいっぱい持参して遊びに来てくれたので、きょうに
まわったと言うわけです。
おかげで味がしっかりと滲みました。

IMG_4598.jpg

他にはカブと生ハムのサラダ。
塩、胡椒をしたカブと生ハムにオリーブオイルを混ぜ混ぜしただけの
超簡単サラダです。

後ろに見えるのは、焼きおむすび。
きのう炊いたご飯がいっぱい余ってしまったので、生姜味噌を塗った
おむすびを作り、フライパンでサッとサラダオイルをしき、焼きました。

うーん、きょうはビールの後でやっぱり日本酒かな?
きょうの日本酒は麒麟山の伝辛といきましょうか。

2008年12月18日

手作りコロッケ

IMG_4573.jpg

きのう、保育園の給食で「手作りコロッケ」が出て、それがすごく美味しかった
ので、早速、本日我が家でも「手作りコロッケ」を作って亭主殿の帰りを待ちます。

いつものコロッケより美味しいと思ったのは、砂糖のおかげかな?

今までコロッケを作る時、茹でたじゃが芋の味付けは塩と胡椒のみだったけど、
今回はたっぷりめの砂糖を加えてみたんです。

それに、ひき肉ではなく三枚肉を細かく切って使ったことかな?

「ねえ、ねえ、きょうのコロッケ美味しい?」
「うん」とたったこれだけのそっけない返事。
「本当に美味しい?」
「うん。」
果てしない単調な会話(?)の繰り返しです。

我が家は食事時間が遅いので、どうしても寝る直前の食事になってしまうので、
揚げ物は極力避けたいのですが、きょうはコロッケふたつも食べてしまいました。

ああ、明日の朝、体重計に乗るのが怖い!!

2008年12月17日

柚子がいっぱい

IMG_4570.jpg

いろいろなところから柚子をいっぱいもらいます。

きょうもこれだけの柚子をもらいました。
冷蔵庫の中にもまだ2袋分の柚子が。

昔は柚子は米びつの中に入れて保存すると良いと聞いていました。
今は・・・今は冷凍するのが一番いいようです。

柚子は漬物を漬けるのに必需品です。
ふろふき大根には柚子味噌がおいしいですしね。

柚子と言えば、新潟の郷土料理で「切りあえ」というのがあります。
大根の味噌漬けを細かく切り、そこに柚子やすりゴマ、砂糖を加えた
もので、とてもご飯によく合うんです。

この「切りあえ」はそれぞれの家庭によって、味がずいぶん違います。
「切りあえ」を美味しく作るには、その主たる材料のダイコンの味噌漬け
の味にかかっています。
甘みの少ない、昔ながらのしょっぱい味噌漬けが一番おいしくできるんです。

でも今は減塩が叫ばれているから、昔ながらのしょっぱい味噌漬けがなかなか
手に入らないんです。

このしょっぱい味噌漬けが手に入ったら、早速「切りあえ」を作ろうと
思います。
そのためにも、柚子はしっかり冷凍保存しておかなくちゃ♪

2008年12月16日

きょうは雪中梅でいっぱい

きょう健康診断の結果が戻ってきました。
健康だけが取り柄の私は、もちろん全部異常なし。
健康そのものでした。

だけど・・・アドバイスとして「アルコール類の量を減らすことを
お勧めします。」とあり、苦笑いでした。

アドバイスはアドバイスとして耳に留めておきますが、やはり
毎日の晩酌は欠かせません。

IMG_4568.jpg

まずはビールを一杯。
それからきょうは「雪中梅」を常温のまま飲みます。
最近は冷やよりも常温の方が、お酒の美味しさが味わえる
ような気がします。

IMG_4560.jpg

日本酒にあう肴として、「ふろふき大根」を作りました。
柚子のいただきものがいっぱいあったので、柚子がたっぷりと
入った柚子味噌で食べます。

IMG_4564.jpg

これはいつものようにizumimirunさんのブログで仕入れたレシピを
参考に作った玉葱のシュウマイ。
青海苔が透けて見え、翡翠のように綺麗なお料理でした。
もちろん味も上々ですよ。

うーん、今の私にアルコールの量を減らせと言うのは、ちょっと無理。
お料理もお酒もたいへん美味しかったです。

好きなものを食べる、そして好きな酒を飲む・・・これほど健康に
よい(?)ことはないかもしれません。

2008年12月12日

今年はじめての忘年会

今、お勤めしている保育園の忘年会がありました。
総勢28名、女性だけの忘年会です。

保育園の近くの居酒屋「よね○」4千円で飲み放題のプランでした。

IMG_4552.jpg

まずはお刺身です。
ここのお店は値段の割には、満足できるものを取り揃えています。
今この時期は、ブリがとっても美味しいです。

IMG_4555.jpg

次はカニ。
カニは美味しいけれど、食べるのが面倒くさくて・・・
隣に座った同僚に「ほら、しゃべってばっかりいないで早く
食べれば・・・」と言われてしまいました。
どこへ行っても、私はおしゃべりで通っているようです。

IMG_4557.jpg

サラダ・・・サラダの中にイカげそ揚げが入っているのには、ぎょっと
したけれど、けっこう美味しかったです。

IMG_4558.jpg

串焼きやこの他いろいろなお料理がでたけれど、ビールとお酒で
お腹がいっぱいになってしまいました。

最後に女性はデザートを喜ぶけれど、私の好みはおやじみたいな
ところがあるから、デザートはいらないんです。

お酒を一緒に飲むということは、普段仕事の上だけでは見えない
人間性が見えたり、お互いがより深く理解できるようになったりと
良いことがいっぱい。

たまには、お互いの信頼関係を深めるためにも、飲み会は大事
ですね。

2008年12月 9日

ヘルシーな食事を心掛けています

主人の仕事の都合で、最近はお夕飯がいつも10時過ぎになって
しまいます。
寝る直前に食べると太るけれど、仕事をして疲れて帰ってくる主人を
待たずにお夕飯を食べるわけにはいかないし...

それに何といっても苦労したおかげで、ただで7kgも痩せることが
できたのですから、もう元には戻りたくありません。

結果、ヘルシーな野菜中心の献立になってしまいます。

IMG_4544.jpg

まずは、大根と豆腐の煮物。
これは以前にご紹介したizumimirunさんのブログで教えていただいた
ものです。
簡単でおいしいし経済的な献立なので、もう我が家の定番料理に
なってしまいました。

IMG_4550.jpg

白菜のいただきものがたっぷりとあったので、油揚げと一緒に粕と味噌で
煮ました。

IMG_4547.jpg

これは煮豆。母が作ったものです。
私好みで、甘く煮てあります。

IMG_4548.jpg

この虫食いだらけのとうもろこしは、友達が「形が悪いけど、季節はずれで
珍しいから持ってきたよ。」と持参してくれたもの。
ほんとうに器量の悪いとうもろこしですが、けっこう甘くておいしいんですよ。

IMG_4549.jpg

最後はやっぱり漬物。
私、漬物がないとご飯がたべられないんです。
ええ、もちろん甘塩に漬けておいて、酒のつまみにもしています。
白菜は柚子の香りを効かせて、そして大根はべったら漬けにしてあります。

それではこれからお楽しみのビールを飲みます。

2008年12月 3日

ちゃいろのおむすびがたべたい!

こせがれが、夕方ママと一緒に我が家へやってきました。

玄関へ入るなり、「また、ばあばのお家でご飯を食べる!!」と
嬉しいことを言ってくれます。
でも、あいにくと私が風邪ひきで移すといけないから、「ご飯はまた
後でね。」と約束しました。

ママのご用が終わるまで、「あんぱんまん」のテレビを夢中で見ていた
こせがれ、突然、「茶色いおむすびが食べたい!!」と言い始めました。

どうやら、テレビには「おむすびマン」が登場し、その中で茶色いおむすび
が出てきたらしいのです。

ママは困った顔で、「きょうはお家でご飯を食べるんでしょ。それに白い
ご飯しかないのに、我儘を言わないで...」

そこで、「よーし、ばあばに任せといて!今すぐにばあばが茶色いおむすび
を作ってあげる。」とポンと胸をたたきました。

ものの3分もしないうちに出来上がったおむすびがこれ。

IMG_4537.jpg

白いご飯におかかと醤油を混ぜ合わせただけの簡単おむすびですが、
こせがれは大喜び。

「いっぱい作ってね。」
「そうだね、ふたつもみっつも作ろうか。」
「だめ、もっともっといっぱい作って。」

こせがれは大満足でおむすびをほおばり、食べ切れなかったものはラップに
包んで、お家に持って帰りました。

こんな簡単なもので大喜びをしてもらえるなんて、申し訳ないみたい。
こせがれの誕生会には、晶子ばあば自慢のお赤飯をたっぷりと作って
あげようと思いました。

2008年12月 1日

美酒に酔う

IMG_4528.jpg

昨日は私たちの踊りのおさらい会でした。

今年、人生の大きな岐路に立たされた私は、踊りを続けられるかどうかも
定かでない状況の中で、師匠の励ましや力添えを得ながら、どうにか昨日の
おさらい会を迎えることができました。

そのおさらい会も無事に終え、ホッと肩の荷を下ろしたような気持ちです。

今までのおさらい会に臨むのとは、全く違う気持ちで臨んだ昨日のおさらい
会。

終わった後の慰労会で飲む酒の味も、今までの酒の味とはひと味もふた味
も違っていました。

剥げ落ちた舞台化粧のまま臨んだ慰労会で、この写真の私もお化けのよう
ですが、いいんです。

とにかく今まで私を支え、励まし続けてきてくれた皆に感謝、感謝です。

昨日の酒は今までに飲んだ酒のなかでも一番美味しいお酒だったかも
しれません。

お酒の美味しさは、銘柄なんかじゃないんですね。
飲むときの気持ち、雰囲気、その他いろいろなものが美味しさを
決めるんですね。

うーん、ほんとうに昨日のお酒は美味しかった♪
もちろんビールも♪