2008年10月14日

鬼の居ぬ間に・・・

私のお友達、月のうち10日間は亭主が出張で留守をする。
ご亭主が出張に出かけたその日に電話が掛かってくる。
「もしもし、きょうから一人なんだけど・・・」と。

鬼の居ぬ間に、たっぷりと遊び息抜きをしようということ。

だから、きょうも彼女が我が家に来て一緒のお夕飯となった。
なにしろ彼女は肉も魚も食べれないから、献立を考えるのに苦労する。

もっともビールさえたっぷりと用意しておけば、それで大満足なのだけれど。

買い置きの材料を見て、彼女が食べれそうなものを作るのだが、
今回は缶詰のカニ缶が大活躍。
いただきもののカニ缶なので、惜しげなく使える。
まずは、サラダに。
ホタテ缶も入れたら、けっこう豪華なサラダになった。

豆腐とありあわせの野菜を付け合せて、揚げだし豆腐も。

IMG_4389.jpg

これまた頂き物の姫冬瓜を使って、カニ缶入りのあんかけを作ったが、これは
今いち。
彼女は「おいしいよ。」と言ってくれたが、まず第一に見た目が悪い。
カニ缶はサラダのみでやめておくべきだった。

お酒もだいぶ進んだ頃、主人の携帯がなった。
「近くに飲んでいるから、すぐに行く。」と言う、別のお友達夫婦からの連絡。

今度は5人でワイワイガヤガヤ賑やかに飲む。

こうして我が家には、いろいろな人が来てくれ、寂しさが紛らわされる。
大勢で飲み、食べるお夕飯はほんとうに美味しい♪

鬼が出張から帰ってきたら、また鬼も含めて楽しく飲まなくちゃ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kitchentool.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1873

コメント[6]

今夜の夕飯考えていたところでした。このあんかけ、いただき!今日はさすがの宮崎も、ひえっとしています。

あらんだまおばさん

この冬瓜のあんかけは、あまり美味しくなかったんです。
カニ缶の味がよくなかったので、おいしくできなかったと言うのは、私の言い訳でしょうか?
同じ缶詰でも、それによって本当に味が違いますよね。
もう半分冬瓜が残っているのですが、今度はお肉と一緒に煮てみようと思います。

こんにちは。
ご無沙汰しています。
cotton母さんから入りました。
久しぶりに晶子さんのブログから
元気をもらいました。

弥彦にいらっしゃるのですね。。
来年3月に、弥彦に行く機会がありそうです。
(まだ、決定ではありませんけど。。)

日に日に冬に近づき、朝晩冷えますねっ。
どうぞ、ご自愛くださいませ。


narumiさん

こちらこそご無沙汰してしまいました。
3月、弥彦にいらっしゃる予定なのですね。
もし時間があったら、是非ご連絡ください。
一度お会いしたいです。
弥彦はとっても良い所です。
住めば都と言うけれど、本当に心和む良い所です。

晶子さん
私は知りませんでした。まさかの坂を味わわれたなんて・・どんなに心を痛められたことでしょう・・でも晶子さんは素敵です。順応できるすばらしい能力がおありです。本当にすごいです。お料理は参考にさせていただいてます。どうぞお体お大事に、お互い頑張りましょう・

山里の木地屋さん

ご無沙汰しております。
温かいコメントありがとうございました。
人生って、ほんとうにいろんなことがあるんですね。
仕事が大好きだったんですけど、その仕事が無くなった
のは、本当に辛いことでした。
でも、今は若い時にやっていた仕事に戻り、それはそれで
とても楽しんで仕事をしています。
主人とは、人生の重き荷物を分け合って持っています。

コメントする