2008年8月 5日

ぜんまいの煮物

IMG_4076.jpg

ぜんまいの煮物は、昔はお正月やお祭りなどによく作られた晴れの日の
ご馳走でした。

今は特別な日のご馳走ではなくなってしまいましたが、時々、思い出したように
作って食べます。

ぜんまいはよく乾燥させたものを買ってきます。
ちょっと高いな...と思うけれど、ぜんまいの美味しさは値段に比例するような
気がします。

ぜんまいはその戻し方が一番大きなポイントになります。

私は、大きな鍋に水を張り、ぜんまいを入れ、時々手で揉み解しながら
戻していきます。
お湯が熱くなって、手が入れられないようになるまで丹念に揉み解します。

そして、沸騰する直前、泡がひとつプクンとできたところで、火を止めます。
火を止めた後は、そのままゆっくりと冷まして、柔らかくなるのを待ちます。

ぜんまいのみを煮る「ぜんまいの1本煮」はとてもおいしいけれど、今一
自信のない私は、ツキコンや油揚げ、人参などのほかの素材の旨みを
プラスして、味を補います。
最後にごま油を加えて仕上げますが、濃い目の味に仕上げたほうが
美味しいようです。

昔ながらの地域に伝わるお料理、もっともっと上手になりたいものです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kitchentool.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1858

コメント[4]

こんばんは
懐かしい感じのする煮物ですね~

今度真似してみます。
戻しかたのコツまで教えて頂いて嬉しいです

晶子さんはお料理上手ですね♪

cotton母さん

ぜんまいの煮物は歳をとった人ほど上手なような気が
します。
私も、戻し方など何度も何度も母に教えてもらいながら
やっと自分なりの戻し方を体得できました。
我が家の私風のお惣菜です。

超おいしそう!!!!あたしも油あげとか、さつまあげとか入ってるのも好きです。そのままでも好きですが。
昌子さん家に住みたいんですけど(笑)

カナちゃん

私の家に住むと、賑やかでいいですよ。
普段は主人と二人暮らしなんですが、時々友達が
やってきてワイワイガヤガヤ酒盛りが始まります。
即席居酒屋風にね。
そこにカナちゃんが参加してくれたら、きっと
楽しいだろうな♪

コメントする