2008年8月 1日

ゴーヤのかきあげ

IMG_4092.jpg

「しょうこちゃん、これ我が家でできたゴーヤ。食べてみてね。」と親戚の家から
ゴーヤをいただきました。

「うん、グリーンカーテンで涼しさを演出しようと思って作ったの。」とのこと。

エコな生活に一役買って、おまけにお夕飯の食材にできるなんてゴーヤって
なんて優れものなの♪
私も来年はゴーヤを育ててみようかしら・・・
あっ、今から来年のことなど言うと鬼に笑われますね。

早速、いただいたゴーヤで掻き揚げを作りました。

掻き揚げの材料は、ゴーヤと小エビそれにスイートコーンの缶詰です。

ゴーヤと言えば、馬鹿のひとつ覚えのように「ゴーヤチャンプル」を作って
いましたが、以前、お料理上手な人のブログをみて「おいしそうだな...」と
思ったので、真似っこをして作ってみました。

ビールがグングンはかどるほど美味しかったですよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kitchentool.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1857

コメント[8]

こんばんは

美味しそうです
が。。ゴウヤはどうしても食べられないのです。

天ぷらにすると苦味は消えますか?

ゴーヤを一度下茹でしたり
塩をもんだりと、苦さを和らげようと
しましたが、なかなか上手くいかず。

ゴーヤが好きな人はこの苦さが美味しいの
と言いますが。

cotton母さんではありませんが、
天ぷらにすると違いますか?

ゴーヤは苦味が取れていれば食べられますが、そのままの苦さだとちょっと…。

ピーマンは自分で育てるくらい好きなんですがwww
祖母が昔ゴーヤにひき肉を詰めて焼いていました。
見た目はピーマンの肉詰めみたいでおいしそうなのに、あの苦さ。

あの苦さのよさがわからないうちはお子ちゃまなんですかねぇww

からっと上手にあがっていますね。
私がすると、なかなかこうはいかないの。

cotton母さん

うーん、天婦羅にしてもゴーヤの苦みは残りますが、
スイートコーンを一緒に揚げたので、その甘みで
ゴーヤの苦みも少し緩和されたようです。

お菓子処東京堂のどらさん

私もゴーヤの苦みを消す為、塩でもんだり、サッと
茹でたり、薄く切るなどの工夫をしますが、やはり
ゴーヤに苦みがなくなったら、ゴーヤのおいしさが
なくなるでしょうね。
ゴーヤは苦いところで美味しいのかも
しれませんね。

カナちゃん

カナちゃんのおばあちゃんは本当にお料理上手
なんですね。
ゴーヤにひき肉を詰めるのですね。
私も早速真似してみよう♪

あらんだまおばさん

私も天婦羅は外で食べるものだと思うくらい
下手くそでした。
だけど今は、天婦羅粉も良いものがいっぱい
出回るようになったので、私みたいに揚げ物が
苦手でもカラッと揚げられるようになりました。
メーカーさんの努力に感謝です。

コメントする