2007年6月26日

食の安全を考える

連日、テレビや新聞で報道されている北海道のミートホープって言う会社の問題・・・
聞けば聞くほど、見れば見るほどゾッとしますね。

でも、食べ物を扱う会社って、人の生命を預かるも同然の仕事をしているのだから、もっと真摯に仕事に取り組んでいると思っていたのですけどね。

普段、何気なく食べているものも「これって、大丈夫なのかしら・・・?」と不安になってしまいます。
あの会社の社長って、自社製品を食べたことがあるのかしら?

性善説を信じている私には?????の連続です。

特にハンバーグやコロッケって、子供が大好きな食べ物でしょ。
それなのにあんな偽装がされていたなんて、全く許せません。

きっと半既製品のあのような物を買っているのは、共稼ぎの忙しいお母さんかもしれません。
一生懸命に仕事をして、一生懸命に子育てをしているお母さんを裏切るような行為は、許せるものではありませんね。

食の安全に対して、疑心暗鬼になっている今、ちょっとした時間を利用して、ちょっとした工夫で手作りのものを作ってみませんか?

例えばハンバーグ、お休みの日に親子で種つくりをして、冷凍しておく・・・いろいろな味のハンバーグを楽しんだり、ミートボールにして目先を変えたり、オムレツに入れたり、メンチカツを作ったり・・・いろいろお料理のバリエーションが広がっていくかもしれませんね。

おかあさんと一緒に作ったハンバーグの味はきっと格別なものだと思います。

ただ単にお料理をするということにとどまらず、大事な親子のコミュニケーションの場になると思いますよ。

さあ、今度のお休みには子供と一緒に何を作って食べましょうか・・・そんなことを考えるのもきっと楽しいものですよ。

コメントする