2007年3月 7日

保育園での食育

食育の大切さが盛んに言われ、今は家庭でもそして学校教育の場でもカリキュラムの中に食育が組み込まれています。

保育園などでも保育士さん調理師さんたちが様々な形で食育に取り組んでいます。

私どもの住む地域の保育園でも、子供達に食べ物のこと栄養のことなどを知ってもらうため、玄関に大きな絵が貼ってありました。

IMG_1578.gif

食べ物の働きを理解させるため、ゲーム形式に「ほうれん草は何色?」とか「お魚は赤だね。」というように考えさせているとのことでした。

IMG_1579.gif

この絵に子供達は随分興味があるらしく「あのね、食べたのがウンチになるんだって。」と私の手を引いて教えてくれます。

家庭のみならず、地域や保育園、学校でこのような様々な取り組みをすることによって、食の大切さを知り、食生活の改善につなげていくことが出来るのだと痛感しました。

子供は砂が水を吸うがごとくに、いろいろな知識を身につけていくので、より良い学習の場を与えていかなければなりませんね。

コメントする