2007年2月27日

ダイエット

我が社では毎年3月の初旬に健康診断を実施しています。

この時期が近づくと女子社員は体重を気にして、食事量を控える人も出てきます。
当然のように健康診断当日の朝食は食べないで出勤ということにもなります。

これも少しでもスリムになりたい、スリムでありたいという切ない女心ということでしょうか?

でも女性がダイエットをする、特に若いお母さん世代がダイエットをすることに私はあまり賛成ができません。

自分が食べないのに、子供のために栄養のバランスまで考えた食事作りができるでしょうか?
よしんば、それができたとしてもお母さんが箸をつけない物を、子供達は喜んで食べてくれるでしょうか?

一概には言い切れませんが、ダイエットをするということは栄養のバランスが崩れてしまうことが往々にしてあると思います。

数年前、とある女子社員がそれはそれは頑張ってダイエットをしました。
なんと体重を10kg以上も落としたんですよ。

健康診断当日、彼女の体重を書き込もうとした看護士さんがびっくりして「どこか具合の悪いところがあるんですか?」と聞きました。
彼女は胸を張って「努力しました。」と答えたんです。

でも私には彼女がせっかく努力してもちっともきれいになっていないと思いました。
きれいになるどころか、肌はカサカサ、顔色は悪いし、姿勢も悪くなっちゃって・・・

痩せていればそれで充分魅力的だと思うのは間違いです。

お肌もツヤツヤ、そしてハツラツとして輝くためには、必要な栄養素を必要なだけ摂取する必要があります。

このへんで健康的な美しさに皆がもうちょっと目を向ける必要があると思います。

おかあさんがいつも元気でハツラツとしていると子供達はそれだけで充分幸せだと思いませんか?

元気な良い子を育てるためにも、まずお母さんが栄養のバランスのとれた食事をして輝いていましょうよ。

2007年2月14日

サザエさん

私の理想とする家庭は「サザエさん」のおうちです。

何が魅力的かって聞かれれば、あの食卓。
お母さんとサザエさんが二人で台所に立って作るお料理を囲んでのあの団欒がたまらない魅力なのです。
決して豪勢なご馳走が並んでいるわけではないけれど、テレビを見ている私たちにもおいしい匂いが伝わってくるようではありませんか。

そしていろいろな話に花が咲いて・・・

まさに理想の家庭、理想の食卓ではありませんか。

忙しい仕事を持ちながら子育てをしていた頃、テレビで「サザエさん」を見ると、何か切なくて涙が滲み出てきたこともあります。

私もあんな温かい家庭を作りたい、あんな楽しい食卓を囲みたい・・・と。

きっと家族みんなで食卓を囲むのが、子育ての原点、家庭作りの原点なんだろうな・・・と今でも思っています。

温かい家庭があれば、暖かいお夕飯があれば、どんなにばらばらに離れている家族の気持ちも必ず帰ってきます。
家庭の力ってそういうものなのでしょうね。

仕事が忙しく毎日家族で食卓を囲むことが出来なくても、心してそういう日を設けるのって大切だと思います。

サザエさんちのような温かい家庭つくりをしましょうよ。(自戒も込めています)

2007年2月 6日

もったいない

きょう友達と近所のファミリーレストランでランチをしました。

いろいろおしゃべりをしながら楽しいひとときを過ごしたのですが、食事が終わりそうになったとき「もったいないけど、全部食べきれないから残すね。」
「実は私も…」
と二人ともかなりの量を食べ残してしましました。

私たちは共に団塊の世代の端っこに位置する年齢ですので、決して物の溢れる時代に育ったわけではありません。
「もったいない」と言う言葉は骨身に滲みて知っているはずなのです。

食べ切れなかったら、初めからそんなにいっぱい頼まなければいいだけの話なのですが、「もったいない」よりも「あれも食べたい、これも食べたい」と言う誘惑のほうが勝ってしまったのです。

私たちの年代の者でさえこの有様なのですから、何不自由なく育ってきた今の若い人たちは押してしるべしです。

そして私たち二人の話題は食料の自給率と食料の廃棄量の問題へと移っていきました。

「日本の残飯の量は世界一なんだって。」
「ふーん、世界中には食べたくても食べれない人が大勢いるというのにね…」
「もったいないと言う言葉はよく使うけど、実際はもったいないことを平気でやっているよね。」

この調子でおしゃべりに花が咲きましたが、私たちの結論は「可愛い孫達のために、折に触れ、こういうことをきちんと教えていかなければならないね。」と言うことに落ち着きました。

そして子供の躾は親だけでなく、周りの大人全体でやっていく必要性もありと言うことで「若いママたちだけに子育てを押し付けるのでなく、私たちも私たちなりの関り方をして子育てのフォローアップをしていこうね。」と若いまだまだ魅力的な(?)ババふたりはランチを終えたのでした。

2007年2月 5日

手作りのお菓子

昨日、お友達から手作りの桜餅をいただきました。
ほのかなピンク色と桜の葉の香りが春を告げているようで、目と舌でたっぷりと春の味を堪能させてもらいました。

今、連日のように不二屋の不祥事をマスコミが取り上げておりますが、そのようなニュースを見るにつけ、安心して子供に食べさせる物をどうやって選んでいけばいいのだろうと、頭を抱えているお母様方も少なくは無いと思います。

そんな思いの中でいただいた桜餅は、本当においしく、ああ、こんな物を子供に食べさせてあげたい…と思いました。

作り手の顔が見える食べ物ほど安心して食べられる物はありません。
それに季節感を食べ物で感じることが出来るなんて、最高です。
「ああ、そういえば立春なんだ…」と日々の忙しさに忘れかけていた季節も思い出させてもらいました。

お母さんの手作りのお菓子、きっと子供達も大喜びをするでしょうね。

子供と一緒にお菓子作りやお料理が出来たら、もっともっと子供達は喜ぶでしょう。
玩具やゲームで遊ぶよりも何よりも素晴らしい思い出作りになるはずです。

どうぞ子供達と簡単なおやつ作りをしてみませんか?