2007年10月21日

赤福の製造年月日の偽装表示に思う

ここのところ赤福の製造年月日偽装表示の問題が、毎日のようにマスコミに取り上げられていますね。

不二屋と言い、「白い恋人」の石屋製菓と言い、それに今回の赤福と言い、何で消費者を裏切るような行為を平気で行っていたんでしょうね。
お菓子は子供が食べるものだから、余計に腹が立ちます。

製造年月日を偽るなんて、とても許せない行為ですが、私は今回の問題とは別に、消費期限や賞味期限について考えてしまいました。
「もったいない」と言う感覚と併せて考えてみました。

そもそも消費期限や賞味期限は何を基準にして決められているんでしょうね。
それぞれの商品によって、明確な基準ってあるんでしょうか?

きっと、悪くなっているといけないから・・・ということで、消費期限や賞味期限は実際のそれより、かなり短めに設定されていると思うんです。

コンビニにお弁当を買いに行った時など、特に考えてしまいます。
日付だけでなく、時間までが記載されているでしょ?
例えば、21日12時が賞味期限のお弁当は、21日13時では味が変わって食べられなくなってしまうわけではないですよね。

我が家の冷蔵庫の中の物を考えても、例えば買い物をして使うのを忘れていた豆腐など、賞味期限が過ぎている物などありますよね。
皆さんは捨ててしまいますか?

消費者に食べ物を提供することを生業としている人たちは、間違いなく消費期限切れ、賞味期限切れの物は処分してしまうと思います。

でも、家庭では触ってみたり、匂いを嗅いでみたりして、異常が無ければ、食べますよね。

今回、赤福さんはきっとお客さまに食べさせると言う感覚でなく、家族に食べさせると言うような感覚だったのかもしれませんね。

赤福は300年も続いている老舗とのこと。

300年前は、JAS法も無かっただろうし、食品衛生法も無かった筈。
それに食べるものも、今のように豊富ではなかった筈。
何も300年前に戻らなくても、昭和の時代でも、食べるものに困った時代もあったはず。

だから、その300年と言う伝統の中で、売れ残ったものを再利用するのに、何の罪悪感も無かったんでしょうね。

まだまだ食べられるものを処分すると言うことに、抵抗感や罪悪感があったのかもしれません。
決して、利益追求のためだけとは思いたくないんですが・・・

日本の国の食料自給率が異常に低いと言う現実、それに世界中では飢えに苦しんでいる人が数多くいると言う現実、それらを考えると「もったいない」と言う気持ちも非常に理解できるものがあります。

でもそんな物を、黙って食べさせられると言うことには、非常な抵抗感もあります。

自分がお金を払って、わざわざ古いものを買って食べるのは嫌だけど、賞味期限の切れたものを処分するのはもったいないと思う私・・・

自分の考えが、やじろべえのように、あっちにフラフラ、こっちにフラフラと揺れ動いています。

でも、安心して食べれるもの、子供に安心して食べさせられるものって、何なんでしょうね。
このような偽装事件が立て続けにおきると、本当に考えてしまいます。

人間の体は、毎日食べるもので成り立っていると言うことを、しっかりと頭に置かなければなりませんね。

2007年9月20日

地産地消

ずいぶんご無沙汰してしまいました。
近頃は世の中の動きが早すぎて、ついていくのもたいへんですね。

私の住む町は新潟の田舎町です。
周りには田んぼや畑がいっぱいあります。

近頃、町のスーパーに行くと、農家の人の名前と顔写真がついた野菜や漬け物が並べられています。
数年前までは、無かったコーナーです。

私はまず、そのコーナーで野菜のチェックをします。
同じ野菜を買うなら、同じ町の人が作っている物の方が安心感があるからです。

顔見知りの店員さんも「この○○さんの小松菜、柔らかいって、とっても評判がいいんですよ。」と教えてくれたりします。
そんな情報をキャッチすれば、即座にゲットします。

「あのね、この紫水茄子、十全茄子と水茄子を掛け合わせた新種の茄子でおいしんだよ。」とこんな情報も入ってきます。

日に焼けた顔でニコニコ笑っているおばあちゃんの写真を見れば、その野菜がおばあちゃんの手塩にかけられて育ったというのが伝わってきます。

近頃、中国から輸入された野菜がいろいろマスコミで取り沙汰されていますが、同じ町の人が作った野菜なら、安心して買って食べれます。

多少高くても、安心料を払っていると思えば、安いものです。

可愛い子供達の体と心を育む大切な、毎日の食材、きちんとしたもの、安心して子供に与えられるものを選びたいですね。

地産地消の考え方はもっともっと大切にしていく必要があるかもしれませんね。

2007年7月 2日

無理なダイエットはだめよ!!

ある日の私と知り合いの男性との会話です。
彼は20代後半、妻子ありです。

私 「○○くん、近頃すごくスマートになったけど、どうしたの?」
彼 「えっ、そうですか。」
私 「急に痩せて、具合でも悪いのかと心配していたんだよ。」
彼 「違いますよ。嫁がダイエットしろって、うるさくて・・・豆腐と野菜しか食べさせてもらえないんですよ。」
私 「えー、そんなに極端なダイエットしているの?」
彼 「そうなんですよ。ごはんも太るからダメだって。」
私 「ご飯をきちんと食べないと、仕事もしっかりできないし、何より脳が活性化しないよ。頭の働きが低下するよ。」
彼 「えっ、そんなー・・・」

決して、彼を脅かしていたんじゃないんですよ。

極端なダイエットは百害あって一利無しです。

とある本にこんなことが書いてあります。

「炊いたごはんは、ほとんどが水分と糖質。糖質は脳の唯一のエネルギー源となるブドウ糖に分解され、脳をしっかりと働かせます。
また体全体のエネルギー源にもなるので、抵抗力や治癒力を高め、活力ある日々を送るためには不可欠です。」

これは私が勉強している口座のテキストに書かれているものですが、何の知識も無く、無理なダイエットをしている人に教えてあげなくちゃ・・・と思っています。

そしてバランスよく食事をとることの重要性をもう一度じっくりと考えてみたいと思います。

皆さんも、バランスの良い食事を心掛けてくださいね。

2007年6月26日

食の安全を考える

連日、テレビや新聞で報道されている北海道のミートホープって言う会社の問題・・・
聞けば聞くほど、見れば見るほどゾッとしますね。

でも、食べ物を扱う会社って、人の生命を預かるも同然の仕事をしているのだから、もっと真摯に仕事に取り組んでいると思っていたのですけどね。

普段、何気なく食べているものも「これって、大丈夫なのかしら・・・?」と不安になってしまいます。
あの会社の社長って、自社製品を食べたことがあるのかしら?

性善説を信じている私には?????の連続です。

特にハンバーグやコロッケって、子供が大好きな食べ物でしょ。
それなのにあんな偽装がされていたなんて、全く許せません。

きっと半既製品のあのような物を買っているのは、共稼ぎの忙しいお母さんかもしれません。
一生懸命に仕事をして、一生懸命に子育てをしているお母さんを裏切るような行為は、許せるものではありませんね。

食の安全に対して、疑心暗鬼になっている今、ちょっとした時間を利用して、ちょっとした工夫で手作りのものを作ってみませんか?

例えばハンバーグ、お休みの日に親子で種つくりをして、冷凍しておく・・・いろいろな味のハンバーグを楽しんだり、ミートボールにして目先を変えたり、オムレツに入れたり、メンチカツを作ったり・・・いろいろお料理のバリエーションが広がっていくかもしれませんね。

おかあさんと一緒に作ったハンバーグの味はきっと格別なものだと思います。

ただ単にお料理をするということにとどまらず、大事な親子のコミュニケーションの場になると思いますよ。

さあ、今度のお休みには子供と一緒に何を作って食べましょうか・・・そんなことを考えるのもきっと楽しいものですよ。

2007年6月11日

子供の食べる物がない・・・?

先日、二人の息子がそれぞれの家族を連れて遊びに来たので、「せっかくだから、お夕飯を食べて行ったら?」と誘いました。
何しろ急なことで、買い物に行く時間も無かったから、冷蔵庫の中身とにらめっこをしながら、献立を決めました。

いつもは夫婦ふたりだけの食事ですので、自分達の食べたい物しか作りません。
よって、材料もそれなりの物しか揃っておりません。

その日の献立は
    ・豚肉のしょうが焼き
    ・ほうれん草とさつま揚げの煮びたし
    ・グリーンサラダ
    ・冷や奴

そしたら、長男が「子供の食べる物が何にも無いじゃない?」と言い出しました。
長男の子供は2歳、次男の子供が3歳です。

「これ、みーんな子供も食べられるよ。」と答えたのですが、長男の小さい時にもこれと同じ会話をしていたのを思い出しました。

長男は偏食がひどく、随分、悩まされました。
結局、自分が小さい時に食べられなかった物は、子供はすべて食べられないと思い込んでいるのです。

長男に比べて、次男は何でもモリモリ食べました。
小さい頃から、おでんの大根や沢庵まで、おいしそうに食べたものです。

豚のしょうが焼きも小さく切ってあげれば、子供でも食べられますし、野菜なんて、積極的に食べさせたい物です。
豆腐だって、柔らかいし、さっぱりとして、おまけに栄養満点です。

子供が好んで食べる物=子供の食べられる物ではないんですね。

子供の偏食を作り出しているのは、親の勝手な思い込みも、その一因になっているかもしれませんね。

「おいしいね、おいしいね。」と言って食べれば、子供も美味しいと思って食べます。
それに子供同士の影響力って、大きい物がありますね。

ほうれん草の煮びたしを「これ、大人の味がするけど食べてみる?」って聞いたら、どちらの孫も「食べる!!」って言う返事でした。
「大人の味はどんなだった?」「おいしかった!!」って言う元気な返事にホッ。

小さい子供の食事を作るとき、子供の好きなものだけを用意してしまうのですが、そうするとその大好きな物だけを食べて、他の物には見向きもしなくなります。

子供はこんなのは食べれないとか考えずに、いろいろな物を食べさせて、味覚を育てていくのも、親の大事な努めだと思うのですが、いかがでしょう?

2007年5月 1日

朝食、きちんと食べていますか?

皆さんは朝食をきちんと食べていますか?

朝は食欲が沸かなくて・・・とコーヒーだけなんて人も多いようですね。
それから女性は太るのを気にして、果物だけとか、サラダだけ・・・なんて人も多いようですね。

でも朝食は一日の活力の源となる大事なエネルギー源なのですから、しっかりと摂りたいものです。

新潟の料理研究家、河内さくら先生は、朝、時間が無い時にはミキサーをおおいに活用すればよいとおっしゃっておりました。

ご飯も牛乳もりんごでもバナナでも、なーんでも全部一緒にガーッと、ミキサーにかけ、それを家族に飲ませるのだそうです。

考えただけで、栄養がたっぷりなジュースだと思いませんか?

忙しくてご飯を食べている暇が無いと言う方には、うってつけの朝食になるかもしれませんね。

ご飯を食べずに学校に行く子供達は、その多くが親も朝食を食べていないそうです。

またしっかりと朝食を食べてくる子供の方が、朝食を食べない子よりも成績が良いと言うデーターもあるそうですよ。

脳が働くためにも、エネルギーや栄養が必要になってくるのは、ちょっと考えればわかりますよね。

是非、是非、しっかりと朝食を摂るという習慣を身につけてくださいね。

2007年4月17日

一日30品目の食品を摂る

先日、新潟で活躍していらっしゃる河内さくら先生の講演を聞く機会を得ました。

親しみのある新潟弁で分かりやすく、いろいろなお話をしてくださいました。

明るく元気で過ごすためには健康が第一であること、それには食事がその基本になること、それが河内先生が一番皆に伝えたかったことではないかと思いました。

そのお話の中で、一日30品目の食品を摂るように・・・とのお話がありましたので、早速、我が家は30品目の食品が摂れているかどうか、今日一日の食事を記録してみました。

朝・・・筍ごはん(米、筍、山菜、油揚げ)
    みそ汁(味噌、里芋、しめじ茸、レタス)
    漬け物(きゅうり、カブ、人参、大根)
    苺

朝食でだいたい13品目です。

昼・・・ごはん(米)
    みそ汁(朝の残りなので、朝と全く同じ)
    サラダ(レタス、きゅうり、プチトマト、ハム、卵、マヨネーズ)
    若竹煮(筍、油揚げ、ワカメ)

お昼は朝とかぶっている食材も多く、6品目がプラスされただけです。

夜・・・ごはん(米)
    肉ジャガ(豚肉、しらたき、じゃが芋、玉葱、人参、椎茸)
    アンコウの煮付け(あんこう)
    サラダ(お昼と同じ)
    若竹煮(お昼の余りもの)
    トウ菜のおひたし(トウ菜、鰹節)
    納豆(納豆、ネギ、山芋、トウ菜)

夜は11品目プラス。
これでやっと30品目になりました。

30品目の食材を食べるのは意外と難しいことを痛感いたしました。

このように書き出してみると、実際に食事に偏りがあり、何が不足しているかが良くわかります。
トウ菜は緑黄色野菜が不足していると思い、急遽、入れた献立です。

皆さんも一日の献立をちょっと書き出してみませんか?
バランスの良い食事をするためには非常に効果的なことだと思います。

2007年3月28日

バランスの良い食事

私が食育の勉強を始めて通信教育を受けていることは前にお話しましたね。

その講座のテキストを読んでいると、今まで知っているようで知らなかったことがいっぱい出てきます。

例えば、いろいろな食材の持つ栄養素のこと、またその栄養素の働きなどなど・・・
いかに今まで無頓着に食事を作り、何の考えもなくそれを食べていたか、考えてみると恐ろしいくらいです。

夫婦ふたりの食卓でもそう感じるのですから、育ち盛りのお子さんをお持ちのお母様方はもっともっと栄養バランスの良い食事作りを心掛けたいものですね。

それから噛むと言うことは脳を活性化させる働きがあるということ、聞いてみればさもありなんと納得できるのですが、じゃあ実際に調理をする時にそれを考慮した食事作りが出来ているかどうかは疑問です。
子供が喜ぶ料理をざっと思い浮かべてみても、案外と柔らかい物が多く、噛み応えのあるお料理は数少ないのではないでしょうか?

子供達により良い食生活を送らせるためにも、毎日食事の用意をするお母様方がまずっその食生活を見直してみるのも大切なことかもしれませんね。

2007年3月22日

お手伝い

食育を考える時、お手伝いはとても大切な経験になります。

私どもが運営するネットショップ「やさしいキッチンツール」では子供用の調理器具が売れ筋商品になっております。
そしてお買い上げいただいたお客様から子供さんと一緒にたのしくお料理をしたこととか、子供さんがお手伝いを進んでやってくれるようになったとか、いろいろな嬉しいお便りをいっぱいいただきます。

お手伝いの効用は多岐にわたります。

いろいろな食材の名前や形状を知ったり、それがどのような働きをするのかを考えたり、お料理の仕方を覚えたり、道具の使い方を学習したり・・・
そして何よりも、自分が一生懸命作ったお料理は残さず食べれるようにもなります。

嫌いなものも自分で作ることによって食べられるようにもなったりします。

「子供がお手伝いをしたがるのですが、危なっかしくて見ていられないものですから・・・」と子供達の意欲を削いでしまっている場合もあります。

子供の使い易い道具を使って、お母さんも一緒にその使い方を教えていけばある程度の危険は避けることが出来ると思います。

また小さな怪我は大きな怪我の予防薬と言う言葉もあります。

さあ、お子さんと一緒に簡単なお料理にチャレンジしてみませんか?

先日、「やさしいキッチンツール」で包丁とお玉、ナイロンターナーをお買い上げくださったお母様は早速子供さんとホットケーキを作ってみられたそうです。
その時の子供さんの楽しそうな様子をメールでお知らせしてくださいました。

きっとそのお子さんにとって、そのホットケーキの味は何物にも変えがたい美味しいものだったに違いありません。

ほのぼのとした親子の情景が垣間見られたようで、私の気持ちもほっこりと温かくなりました。

2007年3月20日

6つの「こ食」

こうして曲りなりにもブログで食育のことを語るには、自分自身がもっと勉強しなくちゃあ…と思いまして、現在、食育について通信教育を受けております。

その通信教育の教材、テキストの中で医学博士の服部幸應先生がとても考えさせられる文章を載せていらっしゃいますので、ちょっとご紹介します。

  いまの食生活で問題になっているのが、6つの「こ食」です。
  ひとりで食べる「弧食」、
  それぞれが好きなものを食べる「個食」、
  決まったものしか食べない「固食」、
  粉物ばかり食べる「粉食」、
  食べる量が少ない「小食」、
  調理済み食品など味の濃いものばかりの「濃食」です。

更に服部先生は続けます。

  家族の食卓は、子供の健やかな体の成長を育むだけでなく、
  人間形成のためのかけがえのない「しつけの場」でもあるのです。
  そしてその土台となるのが、まさに「食育」なのです。

これを読んで「うーん」とうなってしまいました。
さすが服部先生、的を得たことをおっしゃっている。

家族の食卓はただ単に食事をするためだけの場ではないのですね。
子供達の体と心を育てる大事な教育の場なんですね。

そう考えると、毎日の食事の時間をもっともっとお大切にしていかなければ…と思うのです。
毎日の食事が子供達の人格を育てると言っても過言ではないのですね。

Archives