ロイヤルスプーン トップ

カートの中を見る

帯祝いとは

帯祝いについて

妊娠がわかってから、安定期に入る5ヶ月目の戌の日(いぬのひ)に行われる行事です。

一般的には「岩田帯」と呼ばれる腹帯を巻く、「着帯の儀式」を行う事を帯祝いと呼ぶことが多いようです。 神社に安産祈願のお参りをしたり、身内で集まって祝い膳を囲むなどの場合もあります。

妊娠してから7ヶ月目、9ヶ月目で行う地域もあるようです。 帯祝いは、妊娠して赤ちゃんが生まれる事を改めて祝い、家族で赤ちゃんの健やかな成長を願ったり、無事出産することを祈ったりするものです。

出産祝いとは

出産祝いについて

ついに待望の赤ちゃん誕生です。 赤ちゃんが、この世に生まれてきたことを喜び、お祝いをしましょう。

赤ちゃんの誕生を今か今かと心待ちにしてくれていた人には、できるだけ早く 赤ちゃんが生まれたことを報告してあげましょう。

でも、出産後すぐは何かと初めての経験ばかりで忙しくて、疲れるものです。 身近な人から順に、無理をしない程度に連絡していきましょう。

出産内祝いとは

出産内祝いについて

内祝いは、出産祝いのお返しとして贈るものです。 以前は、内輪の親しい人達の間で行うお祝いだったようです。 (喜びのおすそ分けをするという意味がありました)

内祝いは、出産祝いをいただいた人全員に贈ります。 通常、内祝いの金額は「半返し」と言われ、 贈られた金額や品物の半分程度の品物を贈ることが多いようです。

お七夜とは

お七夜について

お七夜とは、赤ちゃんの誕生後、約7日目に行うお祝いです。 赤ちゃんの名前をお披露目し、身内で祝う事が多いようです。

お七夜は、出産後間もないお母さんの体調を気遣い、 お父さんや祖父母などが中心となって行うのが一般的なようです。

お母さんと赤ちゃんが疲れないように、 親しい身内だけで集まることが多いお祝いです。

お宮参りとは

お宮参りについて

赤ちゃんが生まれて、はじめて神様をお参りする行事です。 赤ちゃんの健やかな成長をお祈りします。

お母さんも赤ちゃんも落ち着く、生後30日頃に行う事の多い行事です。 最近では、生後の日数にはあまりこだわらず、 赤ちゃんやお母さんの体調や、予定などに合わせて日を決める事が多いようです。

お食い初めとは

お食い初めについて

赤ちゃんにはじめて食べ物を食べさせるお祝いの儀式です。

赤ちゃんが誕生してから100日目に、ここまで健やかに育ってくれた事を喜び、 赤ちゃんが一生食べ物に困らないように、 祈りを込めて、親しい身内でお祝いの膳を囲む行事です。

この頃、赤ちゃんはまだ通常の食事を食べられませんが、 本膳につかせて食べさせる真似をするようにしましょう。

この時に、出産祝いの時に作った名入れの銀スプーンを使うことが多いようです。

初誕生とは

初誕生について

赤ちゃんが生まれてからはじめての誕生日(満1歳の誕生日)を初誕生と呼びます。

日本全国どこの地域でも、この1歳の誕生日である 「初誕生」は特別な誕生日としてお祝いをするようです。

初誕生のプレゼントには、比較的金額の大きいものを贈ることが多く、 行事としても比較的賑やかなものにすることが多いようです。

出産祝いプレゼント

シルバー950純銀食器

宮内庁御用達シルバースプーン スプーンフォークセット

やさしいキッチンツール

くまの純銀スプーン

名入れ洋白銀食器セット

銀婚式プレゼント