2014年10月 6日

子供の持つ可能性

私は長男が誕生した時に感じた事のひとつに
「赤ちゃんには無限の可能性がある」という事でした。

生まれたばかりの赤ちゃんは皆、
無限の可能性を持って生まれて来ると思うんです。
何にでもなれる可能性がある。

そして、その可能性を潰すのも伸ばすのも私達親をはじめとした
周りの大人達なんですよね。

だから、まず父親や母親である私達が「子供の可能性」を
信じてあげる必要があると思うんです。

そして難しいのが可能性を信じるという事が
「レールを敷く事」では無い事。
「手をひいて歩く事」では無い事。
「ただそっと見守る事」では無い事。

・・・・なのでは?と思いはじめています。

ウチの子の場合は、「並んで立つ」といいますか、
「すぐ隣にいる」なのでしょうか、
あくまでも子供主導で一緒に挑戦するというスタンスで
側にいてあげるという事なのでは?と感じ始めています。

あの時生まれた赤ちゃんが、
はじめて笑い、はじめて立ち、はじめてしゃべったあの頃から
すくすく育って小学生になりました。

自分のやりたい事を口にするようになり、
なにか自分なりの目標を持つようになり、
それを目指していろいろな挑戦をしています。

私はただ、その目標はいつか達成されると信じて
すぐ近くにいる存在であろうと思っています。