2011年6月30日

図面があがってきました

図面

やさしいキッチンツールの図面ができました。
今度は、この形状を基本に金型の製作、製造という流れで
進めていくことになります。

前回と違うポイントは、
食材をつぶす部分の形状と穴がなくなった事です。

形状を変更したのは、
私が小さな息子を連れて外食した時のこと、
この時に離乳食を食べていた赤ちゃんが
外食で食べられるものといったら、うどんくらいでした。

このうどんを一口サイズに切って、
少しづつ食べさせていたのですが、
この「うどんを一口サイズに切る」という作業がなかなか大変でした。

1本ずつ箸でつまんで切っていくのですが
力を入れると「くるり」とまわって切りにくい。

赤ちゃんが「食べる気」でテーブルに向かっているのは
ほんのわずかな時間です。
飽きたらすぐにグズり出してしまいます。

そんな場面でさっと麺を切ったり、他の食材を切って
食べさせられることができるように、
離乳食マッシャーの先端を直線上に切り、少し段を付けました。

また、穴を無くしたのは
調理をした後、穴の中というのはどうにも洗いづらく
いくら丁寧に仕上げをした品物だとしても衛生的な面で
最良ではないと思い、穴を無くし平らな面で食材をつぶすようにしました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kitchentool.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2248

コメントする