ロイヤルスプーン

« | »

記念品 名入れギフトの選び方


記念品に何か名入れギフトを贈ろうと思った時に、どんなものにしようかと悩みますよね。何を贈れば喜んでもらえるかというのは、記念品となれば選ぶ時は慎重になってしまうものです。
贈る相手の好みもありますし、贈る側の予算もあります。その中で、できるだけ良い物を選ぼうといろいろな名入れのできる記念品を見てみたけど決まらない!という方、もしかするとこれを読めば大幅に候補の中から絞り込めるかもしれません。

記念品に名入れギフトを贈る場合の選び方

記念品を贈るという事は、もらった人はその品物を見る度に記念品が贈られた日の事を一番よく思い出すことになるはずです。そして誰かに「これはね、○○の時にもったものでね・・・」と人に話したくなるでしょう。ちょっとした自慢になったり、話のネタになったりと様々ではあると思いますが、後で説明できる内容がたくさんある記念品の方が、その後名入れされた記念品の価値は上がっていくのではないかと考えます。

名入れの記念品は飾り?実用品?

記念品というと飾っておく為のものや、実際に普段使いできる実用品があります。
まず、飾っておく物である場合、受け手側の好みに合わなかった場合、部屋の雰囲気に合わなかった場合など、どこかにしまわれて、目にする機会もほとんど無くなってしまうでしょう。
実用品であった場合は、好みのわかれそうな変わったデザインのものや、派手な色のものは避けて、できるだけシンプルで飽きの来ないデザインのものを記念品として贈ってあげましょう。その品物が普段自分ではあまり買わないけど、ちょっと良いよね・・・と思ってもらえるような上質なものであれば、もっと使用頻度は上がるかもしれませんね。

記念品をもらって、そこにせっかく名前が入っていても、好みの分かれる物であったり、普段使わないような物であったりすると、「どこに片付けたかわからない」という事になってしまいます。せっかくの記念品がかわいそうですね。
記念品に名入れをして贈ろうとしている場合、例えば高級なカトラリーのように、普段使いができて、尚かつ毎日使うもので、その上質さでいつもよりもちょっと贅沢な気分になれるようなものを選んで上げると喜んでもらえると思います。