ロイヤルスプーン

« | »

赤ちゃんに銀スプーンを贈る前に知っておきたい3つの意味


赤ちゃんが生まれると、「銀のスプーンをくわえて生まれた赤ちゃんは幸せになれる」と銀スプーンを贈ることが増えてきていますよね。赤ちゃんにとってはとても縁起のいいものですし、銀のスプーンを贈ろうとしているという事は、「赤ちゃんに幸せになってほしい」と思っているという事ですよね。せっかくプレゼントするのであれば、出産祝いを渡す時に「なぜ銀のスプーンなのか」を説明してあげると、より喜んでいただけるはずです。

ではなぜ生まれたばかりの赤ちゃんに銀のスプーンを贈るのか?その理由は大きく分けて3つの意味があるんです。

imi

1.赤ちゃんが食べ物に困らないようにという願い

born

「銀のスプーンをくわえてきた赤ちゃんは幸せになれる」という言葉にあるように、昔のヨーロッパでは銀のスプーンというのは大変貴重なもので、その銀のスプーンで食事をするような家に生まれてきた赤ちゃんは一生食べ物に困らないというのが、この言葉のはじまりのようです。

銀のスプーンをはじめフォークやナイフなどの銀食器は、フランス宮廷では16世紀頃から使われるようになったそうですが、そのほとんどが受注生産品であり、入手は簡単ではなかった事でしょう。

しかも当時、銀は非常に貴重な金属でしたから、作り手である銀職人も職人の中でも高い地位に置かれ、王侯貴族を中心に依頼を受けていました。ですから銀のスプーンを持つというのは非常に裕福な家庭の子供という意味だったのかもしれませんね。

この頃はまだ銀のスプーンというのは非常に高価でしたので、誕生のお祝いや洗礼の贈り物に銀のスプーンをプレゼントされる赤ちゃんは家庭が非常に裕福であり、富、健康、幸福が約束させていたようなものだったのです。

19世紀半ばになると、赤ちゃんへの出産祝い、洗礼の贈り物として銀のスプーンは中・上流階級の間で当たり前のように贈られるようになってきました。銀のスプーンを成功の象徴とし、木のスプーンは失敗の象徴とされてきました。

そして現在、日本でも多くの方が銀のスプーンを出産祝いとして贈るようになり、名前や日付を刻印してプレゼントされています。

しかし、日本では「銀」とつけば何でも「幸せになれる」かのように、様々なものが販売されており、本来の意味、贈る側の気持ちや、受け取り側の気持ちなど気にもしないような商品も多数あります。まずはしっかりと本当に良い物を選ぶ事が大切になります。

詳しくはこちらの「出産祝い お食い初めに贈る銀のスプーンの選び方」を読んでみてください。

2.銀は魔除けやお守りとしての力があるとされていた

子供に聞かせる物語の中などでも、銀は特別な意味を持ったものとして登場する事が多いと思います。迫り来る怪物や魔獣などに対して、銀のナイフが唯一の武器であったりしますね。

現在では銀の抗菌効果が謳われるようになり(と言っても銀をそのままの状態で使う訳ではないと思いますが)、様々な商品に使われています。

また、銀は毒に反応して変色する事から、貴族を中心に好んで銀食器が使われていたそうです。

3.銀食器を作り上げる職人の想い

銀のスプーンが受注生産品であった事は上でも書きましたが、その受注を受けるには腕を認められ依頼を受ける必要があります。職人達は様々な装飾を施し美しい銀食器を作りました。

1800年代の中頃、イギリスのロンドンで開かれた国際博覧会では、日本の職人が作った美しい銀食器がイギリスの人々を魅了したそうです。

赤ちゃんに銀スプーンを贈るというのは、職人の手によって作られた一生物で純銀という価値のあるものを贈るほど、「誕生を喜んでいる」という意味も込められているのではないでしょうか。

line

このように赤ちゃんに贈る銀のスプーンというのは、いろいろな意味を持ち、そのすべてが赤ちゃんが幸せに暮らしていけるように、健康に成長していけるように、小さい頃から良い物を持ち豊かに生活できるようにと、出産祝いを贈る側の気持ちがこもった、とても幸せなプレゼントなんです。

royalspoononetop

日本では明治後期から新潟県燕市で製造がはじまり、大正天皇即位式典用のカトラリーが上納されています。
その後も世界各国へ輸出をし、国内の迎賓館にも燕市で作られたカトラリーが納められています。

その宮内庁御用達メーカーが、赤ちゃんの為に作った銀のスプーンがこちらです。
シルバー950造幣局品位検定刻印入純銀スプーン